仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
アルトコイン一覧

リップルの独り勝ち?ビットコインの時価総額を抜く可能性がある!非中央集権には限界がある!

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
リップルがビットコインを超えるって期待が増えてきたね!
パパ
パパ
そうだね!リップルの価格の動き方が少し変わってきてるね!今後に期待が持てるね!

仮想通貨リップル(XRP・・以後リップルと表記)への期待が膨らんでいます。

ビットコインの時価総額を抜くのではないかと言われるようになってきました。

この要因として、いくつかあげられています。

非中央集権には限界がある。

リップルには明確な使い道がある。

リップルを基軸とする取引所がオープンしている。

このリップルへの期待は価格に明確に現れています。

ビットコイン建で1月~2月の金額まで戻ってきているのです。

これはビットコインの価格変動に流されなくなってきている証拠です。

 

リップルがビットコインの時価総額を抜くための条件は揃ってきています。

今後の動向を注意していきましょう。

リップル独り勝ちに期待です。

非中央集権の限界

こっちゃん
こっちゃん
えっ!?非中央集権の限界って何?それが売りなんじゃないの?
パパ
パパ
そうだね!ビットコインなど非中央集権が特徴となっているよ!それがメリットでもあり、デメリットでもあるんだよ!

ビットコインのメリットである非中央集権!

これには最大のデメリットがあります。

それは宣伝です!

ビットコインを宣伝をしているのはあくまでビットコイン所持しているユーザーであり、宣伝効果としては非常に弱いのです。

では、リップルはという非中央集権とリップル社は訴えていますが、中央集権的な部分もあります。

それはリップル社の存在であり、それがメリットともなっているのです。

リップル社は既に200以上の金融機関と提携を結んでおり、出資をしている会社も多くあるのです。

これが宣伝効果となっており、リップルを後押ししているのです。

 

仮想通貨の技術はとてもすばらしいものであり、今後世界を変える可能性があります。

しかし、非中央集権であるビットコインに関しては技術力はあるものの営業力はないのです。

使われなければ意味がないのですが、使い道という点ではなかなか普及していかないのです。

この点リップルでは、リップル社の営業力が加わり、既に使用されるようになってきているのです。

 

非中央集権の限界が見えてきています。

今後リップルのように後ろ盾がある仮想通貨が成長をしていくと予想されているのです。

リップルの明確な使い道

こっちゃん
こっちゃん
リップルは送金事業で使われるんでしょ!
パパ
パパ
うん。でも、送金事業だけじゃないんだよ!決済としても使用できるように考えられているんだ!

ビットコインでは決済としての使い道が考えられています。

しかし、一部支払いを行うことが出来るようになってきましたが、価格変動が激しすぎるため、既に決済中止となっている小売店が多くなっています。

前述をしましたが、ビットコインは明確な営業マンがいません。

新たな使い道を見つけていくことが難しい状況になっています。

リップルはというと既に送金事業で使われるようになってきています。

2019年にも本格的に始動するところも多くあります。

リップル社の思惑としては今後決済部門にも参加をしていくと予想されています。

ブリッジ通貨としての役割を果たすため両替をすることなく日本円→XRP→米ドルというように買い物をすることが出来ることを期待されています。

 

リップルは明確に使い道が出てきているため、とても分かりやすいです。

リップルとビットコインの大きな違いが使い道です。

現状リップルの方が圧倒的に有利な状況です!

リップルを基軸とする取引所がオープン

こっちゃん
こっちゃん
パパが最近で一番喜んでいたやつだね!
パパ
パパ
そうだね!リップルが基軸になっていくのは本当に楽しみだよ!

仮想通貨リップルを基軸通貨として仮想通貨の購入をする取引所がオープンし始めています。

なぜ基軸になるとよいのか?

それはビットコインの価格変動を受けにくくなるからです。

現状ビットコインの価格変動を受けてしまい本当の評価でリップルは見られていません。

本当に期待できることがあっても、ビットコインが下がり続けている今価格を上げることが難しい状況なのです。

しかし、リップルを基軸とする取引所がオープンしてからは価格の動き方が変わってきています。

まだまだ基軸の取引所は少ないため、ビットコインに引っ張られてしまっていますが、リップルは影響を受けづらくなってきています。

こちらをご覧ください。

2018年11月20日9時19分のビットバンクのチャートです。

日足で表示をしています。

リップルの価格がビットコインの動きに引っ張られることがなくなってきていることが分かります。

まだ、影響を受けていますが、リップルの評価はビットコインのように下がっていないのです。

リップルはビットコインの時価総額を抜けるのか?

こっちゃん
こっちゃん
リップルへの期待が高ければビットコインを超えることはできるよね?
パパ
パパ
そうだね!ここ数年の間にはリップルがビットコインよりも上の存在になっていると思ってるよ!

前述をしてきましたが、リップルへの期待値はビットコインを超えてきています。

時価総額を抜くための準備は出来たと思っています。

今後ビットコインを抜くためには、数年掛かると思いますが、着実にリップルは上がっていきます。

こちらをご覧ください。

コインチェックのビットコイン建リップルのチャートです。

日足で表示をしていますが、どんどん上がっているのが分かります。

時価総額の差もどんどん詰まっているのです。

徐々にではありますが、ビットコインが暴落を続けている今、リップルが差を詰めるチャンスなのです。

ビットコインが勝手に自滅してくれてリップルが一気に1位になる可能性も十分にありますので、価格の変動は逐一確認をしていきましょう。

リップルを買える取引所

ビットポイント

1つ目のオススメはビットポイントです。

認知度が低いのでまだ使っている人が少ないですが、日本で一番の取引所です。

【3000円がもらえる】仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の開設方法、特徴、評判をわかりやすく解説! 仮想通貨取引所ビットポイントは手数料が無料で5種類の仮想通貨を購入することが出来...

特徴をまとめてあります。注目の取引所のため今後登録者が増加します。←裏情報です。

取引手数料が無料で、取引方法がたくさんあり、FXの自動売買も出来ます。

資本金が日本の取引所で一番となっています。

安心して取引を行うことが出来ます。

こっちゃん
こっちゃん
この取引所はみんな知らないの?
パパ
パパ
そうなんだよ。知らない人が多くてビックリしているよ。パパも知らなかったよ!使ってみてビックリした!

公式ページ

【3000円がもらえる】BITPoint(ビットポイント)スマホでの登録方法!使い方完全マニュアル!永久保存版 ビットポイントの登録方法を知りたい!使い方が知りたい! この記事ではビットポイントの登録方法か...

ビットバンク

2つ目のオススメはビットバンクです。

手数料が無料で取引をすることが出来るため、短期分のリップルを入れておくのにオススメしています。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

公式ページ

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の開設方法、特徴、評判どうもリップル大好き推しっプルです。 リップル買うならビットバンク♪ はい!流行語大賞頂きました。←冗談...

GMOコイン

3つ目はGMOコインです。

販売所のため、割高となってしまいますが、急な価格の変動には一番対応がしやすいです。

大きな会社ですのでセキュリティーも安心。

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

チャート見るのはGMOコインで行っています

公式ページ

【ビットコインがもらえる】仮想通貨取引所GMOコインとは?開設方法、特徴、評判 仮想通貨の購入を検討している人 GMOコインについて知りたい人 この記事...

リップルの独り勝ちまとめ

これはリップラーにとっての「夢」です。

徐々に現実的なものになってきています。

まだまだ、リップルの課題を抱えているため、安易に絶対に超えるとは言いませんが、超える可能性は高いです。

リップル独り勝ちとなった時にリップラーで歓喜をすることが私の夢です。

リップルを信じてよかったと言える日を楽しみにしていましょう。

ではでは。

将来仮想通貨リップルはいくらになる?今後1XRP1000円を超える日は来るのか? 仮想通貨リップルを使用した国際送金の本格的な開始が目の前まで来ています。 国際送金に使われるとなぜリップル...
【仮想通貨リップル】ナスダックに上場!!2019年初めに暴騰が来る? アメリカのナスダックが2019年初頭に仮想通貨取引所をオープンする計画で進行しています。 ...
【リップル(XRP)対応】仮想通貨ウォレットアプリGincoでエアドロップを受け取れるようになった!どうもリップル大好き『推しっプル』です。 *追記 リップルがウォレット対応となったため記念としてリップルのエアドロップも...