リップル(XRP)

将来リップルはいくらになる?今後1XRP1000円を超える日は来るのか?

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
リップルが一番期待できるってパパは思ってるの?
パパ
パパ
うん。仮想通貨を買うならリップルが絶対いいって思っているよ!リップルの価格は1000円を超えるって思っている信者だよ!

仮想通貨リップルを使用した国際送金の本格的な開始が目の前まで来ています。

国際送金に使われるとなぜリップルの価格が上がるの?

そう思われる方も多いと思います。

これには明確な理由があります。

 

国際送金が本格的に始まるとリップルの価格は1000円に到達すると予想をしています。

なぜ1000円?

控えめに言って1000円という話をしています。

実際にはもっと高い金額になると予想をしています。

今回はリップルが1000円になる理由を解説していきます。

もちろん仮想通貨投資にはリスクがあり、仮想通貨自体がなくなってしまう可能性も十分にあります。

 

私は、リップルの現物をガチホしています。

毎月少しずつ積み立てをするのもオススメです。

少額で大きな資金を手にしたい人は仮想通貨FXをオススメします。

リスクは非常に高いですが、リップルが暴騰するタイミングで投資をすることが出来れば「億り人」も夢ではありません。

日本で一番人気がある仮想通貨であることも覚えておきましょう。

人気がある=期待をされているのです。

こっちゃん
こっちゃん
FXは難しいんでしょ?お金が0円になった人もたくさんいるって聞くし。
パパ
パパ
そうだね。簡単に0になるよ!本当になくなってもいい資金でやってみるといいよ!1万円が100万円になったって話も良く聞くでしょ!

国際送金が本格的に始まるとリップルの価格は上がる

こっちゃん
こっちゃん
送金で使われるようになるとXRPの価格が上がるってよく聞くね!
パパ
パパ
そうだね!理由を理解出来るとリップルが上がる理由が分かるんだよ!

リップル社は公式ホームページにてリップルの価格が上がるのは必然的ですと話をしています。

XRPが送金で使用されるようになると価格が上がらないといけないという事です。

これには明確な理由があります。

リップルのシステムについて理解しておこう!

国際送金でXRPが使われる理由

現在国際送金は問題点が非常に多いと言われています。

私達一般人にとって国際送金をすることはほとんどないと思いますが、一日で600兆円以上が国際送金されているのです。

しかし、送金を行うには多額の手数料と、膨大な時間が掛かってしまいます。

この国際送金のデメリット解決してくれるのがXRPなのです。

 

現行の送金では、銀行での送金手数料が掛かり、中継銀行で手数料が掛かり、受け取りで手数料が掛かるシステムとなっています。

金額としては安くて数千円、高いと数万円以上かかります。

しかも送金の手続きをしてから着金をするまでに1日~3日の時間を要してしまうのです。

 

では、XRPを使用した送金が実現した場合はどうなるのかといいますと

送金の手数料は数円で送金することが出来るようになります。

送金の手続きから着金までは3秒です。

 

あなたが実際に送金をするときにどちらのシステムを選びますか?

答えは明白です。

誰が選んでもXRPを使用した送金を選ぶのです。

こっちゃん
こっちゃん
うん。確かにXRPを使用した送金を選ぶね!これからその時代が来るんだね!でも何でXRPの価格があがるの?
パパ
パパ
これにはしっかりとした理由があるんだよ!それがリップルの発行枚数に関係しているんだよ!

国際送金に使われるシステムはこちら

リップルの発行枚数は1000億枚

仮想通貨リップルの発行枚数は初期枚数が1000億枚となっています。

この発行枚数は徐々に減っています。

発行枚数についてはこちらの記事をご覧ください。

仮想通貨リップル(Ripple)XRPの発行枚数は?減少していく理由とは? リップルの発行枚数は1000億枚である 「その通りです」 リップルの発行枚数...

この発行枚数がリップルを送金で使用できる最大の量となります。

リップルが100円だとすると100円×1000億枚で10兆円までが一度に送金で使用することが出来るという事です。

現在一日で送金されている金額は600兆円です。

600兆円を一度に送金をすることはありませんが、600兆円に対応が出来ていないと送金の量が多いときに対応をすることが出来なくなってしまいます。

リップルの発行枚数で600兆円の送金に対応をするためには、XRPの金額が増えなければなりません。

1000億枚で600兆円に対応するためには6000円の金額まで上がることになるのです。

こっちゃん
こっちゃん
なるほど。じゃなんでパパは1000円って話をしているの?
パパ
パパ
そうだね!全ての送金がXRPで行われるとは思っていないからだよ!

XRPは1000円になる

これは近い将来を予想しています。

XRPが送金で使用されるようになり、ある程度大きな金額に対応をするためにはXRPが1000円になります。

1000円×1000億枚で10兆円までの送金に対応をすることが出来ます。

しかし、10兆円という大きな金額は一度に送金されることはないと思っています。

では、なぜ1000円になると予想をしているかというと、現在市場に出回っているXRPの量です。

 

現在市場に出回り、私達が購入できるXRPは400億枚となっています。

残りの600億枚はリップル社が所有しています。

この市場に出回っているXRPは既に誰かが所有していることになるため送金に使用することはできないと予想しています。

送金で使用することが出来るのはリップル社が保有している600億枚となります。

 

リップルが1000円になった場合。

1000円×600億枚で6兆円の送金に対応することが出来ます。

一度の送金で6兆円の対応が出来ていればリップルが送金に使用が出来ると思います。

逆に言えば6兆円に対応が出来ていない状態だと送金の対応が難しいのではないかと思っています。

ですから、リップルは1000円になると予想しているのです。

長期的にリップルはいくらになる?

5年先、10年先の話です。

XRPは送金だけでなく他にもたくさんのことを目指しています。

送金についても需要が高まっていきます。

金額を予想することが非常に難しいですが、5000円くらいにはなるのではと予想しています。

この予想については当たらないと思いますのであまり気にしないでください。

リップルの目指す世界はこちら

XRPは1000円になるまとめ

今回はリップルが1000円になると予想をまとめてきました。

国際送金が開始はすぐそこまで来ています。

現在のリップルの価格では、送金に対応できる金額が少なくなってしまいます。

このままでは、リップルが送金事業を制覇することは難しいでしょう。

逆を言えば送金が本格化するまでに価格が上がるという事です。

これは各国共通認識になってきました。

日本だけでなくアメリカでもリップルの価格上昇が期待されています。

リップルを少額購入している人がたくさんいるのです。

価格が上昇を始めると投資の金額が上がっていくでしょう。

世の中の先を読んで投資をすることで大きな利益を上げることが出来るでしょう。

 

もちろんリスクもあります。

後悔しないように取引をしてください。

ではでは。

当サイトからの登録数が多い仮想通貨取引所はここ!

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

リップルの取引量が世界一になった取引所です。

リップルを購入するなら絶対に登録をしましょう。

詳細ページ公式ページ

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

詳細ページ公式ページ