ライトコイン(LTC)

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)LTCとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
ライトコインってどんな仮想通貨なの?
パパ
パパ
ビットコイン2.0って呼ばれているんだよ!ビットコインと同じように決済目的で作られた仮想通貨だよ!

仮想通貨ライトコインは時価総額で常に上位にある仮想通貨です。

ビットコインを元に作られており、性能はビットコインよりも上となっているのが特徴です。

ビットコインと同様で決済目的で作られました。

ビットコインよりも決済スピードが高いことが最大の特徴です。

ビットコインが10分かかるのに対してライトコインは2分30秒で決済できます。

ライトペイといって決済アプリが既にあります。

クレジットカードよりも安い手数料で使用できることで注目を集めています。

今後も決済で使用されることを予想されています。

ライトコイン(Litecoin)LTCとは?

ライトコインとは、2011年10月7日に元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏を中心に開発された仮想通貨です。

ライトコインはビットコインと同じように決済での使用を目的に作られました。
ビットコインが金であるならばライトコインは銀のような存在で目指したいと開発が進められています。

ライトコインはビットコインとほとんど同じ仕組みで作られています。しかし、ライトコインの性能はビットコインよりも上の存在です。実用性に優れています。

ビットコイン2.0と呼ばれています。

ライトコインの基本情報

    • 通貨単位:LTC
    • 発行枚数:8400万枚
    • アルゴリズム:Script(スクリプト)方式
    • 公開日:2011年10月7日
    • 開発者:元Googleエンジニア、チャーリー・リー氏を中心としたグループ
    • 公式ホームページ:https://litecoin.org/ja/

ライトコインの特徴

ライトコインの特徴について見ていきます。
ビットコインと比較しながら解説をしていきます。

マイニング方式

ビットコインや多くの仮想通貨はSHA256というマイニング方式を採用しています。ライトコインではscriptというマイニング方式を採用しています。

SHA256とscriptの違いは、マイニングのスピードです。scriptの方が効率よくマイニングを行うことが出来るのです。その分マイニングにかかる電気代を抑えることが出来るということです。
マイニングに使用するハードウェアにも違いがあり、ライトコインの方がコストが掛かりません。

送金(決済)スピード

ビットコインの送金(決済)スピードは10分となっています。
それに対してライトコインの送金(決済)スピードは2.5分となっており、ビットコインの4倍速いスピードで決済をすることが出来ます。

*注意*
決済スピードが速いことに関してはデメリットもあります。そこもしっかり覚えておきましょう。
セキュリティーがビットコインよりも弱いと言われています。ビットコインの決済スピードが10分というのも意味があるということですね。
一つのブロックを作る時間を長くすることでデータ改ざんなどの不正を行為監視、検証することが出来るということです。時間が短くなるとその時間も短くなるということです。

SegWit(セグウィット)

ライトコインでは、SegWitを早くから実装しています。
ビットコインも現在(2018年3月10日)は実装されているため、性能自体に変わりはなくなっています。

SegWitとは、ブロックに入るデータを小さくしてより多くのデータをブロック内に入れる技術です。

この技術は、ビットコインでよく話が出ていた、送金詰まり、手数料の高騰という問題(スケーラビリティ問題)について解決してくれる技術です。

ライトコインでも送金詰まりなどの問題(スケーラビリティ問題)があり、2017年5月SegWitが実装されました。

今後の動向

ライトコインについては前述してきましたが、ビットコインよりも実用性に長けています。
今後色々なところで決済に使われていくと期待をされている仮想通貨です。

ライトコインの今後の動向として、もっとも注目をしていきたいことは、ライトペイ(決済アプリケーション)です。

ライトペイとは?

2017年12月に発表された決済アプリケーションです。
ライトコインを使用して即時決済が出来るシステムです。手数料が1%となっており、クレジットカードよりも安くなっています。
ビットコインで決済が出来るお店が増えてきていますが、今後はビットコインに変わってライトコインが決済に使われていくと期待されています。

ライトペイは決済だけでなく両替機能も持っています。手数料が安く両替が出来る期待されています。

クレジットカード会社VISAと提携をしています。今後デビットカードの発行が出来るようになると言われています。

2018年2月26日ライトペイが正式にリリースされました。
ライトペイのリリースによりライトコインは一時高騰を見せました。

ライトペイによって仮想通貨に明るい未来が見えてきています。

まとめ

ここからは私の勝手な予想も入っています。

参考までに見てください。あくまで予想であり、発言による責任は負いません。投資は自己責任です。

ライトコインについて解説をさせて頂きました。私の中では凄く魅力のある技術だと思っています。

クレジットカードで買い物をよくしている人は一度は気になったことはありませんか?クレジットカード会社にいくらお金が入るの?と。クレジットカード会社は3%くらいの手数料をもらっています。そう考えるとかなり商品の価格が高くなっていることがわかりますよね。

今後クレジットカードの機能をライトペイが引き継いで行く時代がくれば、手数料の違いにより、商品をもっと安く買うことが出来るようになると考えています。

これぞ仮想通貨の凄いところ!

仮想通貨が注目されている技術の一つですよね。

ライトコインは世界を変える仮想通貨になる可能性が高いと考えています。
必然と価格も上がっていくのではないかと考えています。

今後の動向に期待しましょう。

ランキングに戻る

ではでは

仮想通貨取引所といえばここ!!

リップルが指値で購入が出来ます。

3000円がもらえるキャンペーンも行っています。

詳細ページ公式ページ

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

リップルの取引量が世界一になった取引所です。

リップルを購入するなら絶対に登録をしましょう。

詳細ページ公式ページ

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

チャート見るのはGMOコインで行っています

詳細ページ公式ページ