エイダコイン(ADA)

仮想通貨エイダコイン(Cardano)カルダノADAとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!

GMOコイン
  • カジノで利用するために作られたわけではない。
  • 詐欺コインではない。

エイダコインは勘違いしている人が多いです。

カジノでの利用するというのは、エイダコインの認知度を上げるためです。

エイダコインの目的をしっかり理解してください。

エイダコイン(Cardano)ADAについて解説していきます。

仮想通貨ランキング!!おすすめの通貨紹介! これから仮想通貨を買ってみたいけどわからない! 仮想通貨を買ってみたけどまだよくわからない! どんな仮想通貨...

エイダコイン(Cardano)ADAとは?

エイダコインとは、カルダノ財団によって開発された仮想通貨です。

2015年2月10日にカルダノ財団が設立しました。

エイダコインは、2016年9月25日に開発が開始されました。

いくつかのテストを経て、2017年9月29日メイン稼動が開始されました。

イーサリアムなどの開発携わった、チャールズ・ホスキンソンが開発に関与していることから、プレセールの時点で人気がかなり高い仮想通貨です。

エイダコインについては、詐欺コインという噂が流れていました。そのことについては後述していきます。

エイダコインの基本情報

エイダコインの特徴

エイダコインの目的

エイダコインは開発された目的がとても特徴的です。

エイダコインは30億人の財布を作ることを目標に掲げています。

30億人とは国家から身分を認められていない人の数です

身分を認められていないため、銀行の口座を持つことが出来ません。

その人たちの資産を守り、貯金が出来るようにすると言うのが、開発の目的です。

この目的を達成するためには、幅広くエイダコインが浸透していかないといけません。

そこで目をつけたのがオンラインカジノです。

カルダノ上でゲームに参加出来るようにして、ゲーム上でエイダコインをチップのように扱えるようになります。

しかし、このゲームの開発を行う予定であったが、より汎用的なプラットフォームの開発に計画がシフトされています。

ただゲームという概念は消えてはおらず、汎用プラットフォーム上のアプリケーションの一つとしてゲームの開発を行うことが出来るとしている。

現在、開発の過程である。

エイダコインの目指す技術

エイダコインはビットコインの技術を第一世代、イーサリアムの技術を第二世代として位置づけています。

エイダコインの目指しているところは、第三世代としています。

第一世代を仮想通貨の定義をつくり出した初期の通貨。
第二次世代を第一世代に付加価値(スマートコントラクトなど)を与えた通貨。

エイダコインは、これまでビットコインなど他のコインで得られてきたことを、整理して、発展をさせること。

スケーラビリティ、運用性、持続的可能性に優れた仮想通貨になっています。

エイダコインは、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨が抱える問題点を解決するために設計されました。

仮想通貨は発行した後に問題がいくつも生じ、ハードフォークをしている事実があります。

そこを踏まえ、論文の発表をして、改善点を洗い出し事前にいくつもの改善を行い、設計をされています。

日本で詐欺コインとして知られている

エイダコインの知名度を上げた理由として、詐欺コインと言われたことが一つあたると思います。

本当に詐欺なの?

これについては詐欺コインではないです。

エイダコインが詐欺として言われている理由はいくつかあります。
*人それぞれ見解が違います*

公開が延期

エイダコインは、ロードマップに記している開発時期が大幅に遅れていました。

これにより、エイダコインの公開が遅れてしまいました。

それにより、本当に存在しているのか?詐欺コインなのでは?という意見が出回って詐欺コインと言われていた。

これについては前述しました通り、改善点を開発の段階から、しっかりと精査していたため公開が遅れてしまったと解釈をしています。

ICOがアフィリエイト

エイダコインはICOを行う際、アフィリエイト制度を使用しました。

販売数に応じて報酬が入ることにより、買い煽りが異常なほど出てしまいました。

アフィリエイトは確実な情報を提供している人と煽り情報を提供している人がいるので当然の結果ですね。

これにより、詐欺コインという話が出回りました。

今もICOの販売を行っているアフィリエイターの煽り方は凄いですよね。

今後の動向

エイダコインはイーサリアムと同じように公式ホームページにロードマップが出ています。

エイダコインは、まだまだ開発段階のコインです。
これからアップデートを繰り返し完成します。

今現在は、まだ最初のバージョンにいます。2018年7月~9月バージョンアップの予定があります。

現在のバージョンを含めて5つのバージョンがあります。

4回はアップデートがあるということでしょう。

Byron

現在のバージョンです。2017年9月29日リリース。
注意
このバージョンではステーキングは無効化されています。

公式ホームページの進捗状況ではまだ、リリースを行っただけで、Byronもまだ完全に出来上がっていません。

Shelley

2018年7月~9月にアップデートする予定。

このバージョンになるとステーキングが開放されます。

ステーキングとは、マイニングのようなものです。

Proof of Work(PoW)とProof of Stake(PoS)この二つのアルゴリズムの違いです。

ビットコインはPoWのアルゴリズムを使用しています。
PoWは、高い電気代を使い演算処理を行い、ブロックを作っていきます。

エイダコインでは、PoSのアルゴリズムを使用しています。

PoSのアルゴリズムではコインの保有量に応じてブロックを作ることが出来る設計になっています。

ウォレットの中に入れておき、ウォレットをオンラインにしておくと勝手にブロックを作る手伝いをすることが出来、そのお手伝いに対して報酬をもらうことが出来ます。

ウォレットに入れておくと勝手にコインが増えていくということです。

ただ、オンラインにしておかないともらえない。

もらえても年利1%にもならない。

ステーキング中はウォレットから出すことが出来ない。

というデメリットもあります。

アップデートによる機能向上

  • ウロボロスのオープンな委任機能を導入(ステーキングのことです)
  • マルチシグのトランザクション(マルチシグに対応したHDウォレット)
  • ウォレットバックエンド(ウォレットのパフォーマンス改善)
  • コンセンサスのインセンティブと手数料(ステーキングのインセンティブ)
  • 耐量子コンピューター電子署名方式(新たなトランザクションの追加)
  • ライトクライアントの対応(ブロックチェーン同期時間の短縮)
  • 可読性の高いアドレス(トランザクションを行いやすくする)
  • ネットワーク(強化を行う)
  • 投票センター(アップデートやプロトコルの変更について意見が出来るようになる)
  • ペーパーウォレット(オフラインで保管できるウォレット)
  • リリース戦略(新しいソフトウェアリリース戦略)
  • デビットカード(カルダノデビットカードの導入)

以上が公式ホームページに書かれています。
ここまで見るだけでも、期待がかなり持てる仮想通貨になっていますね。

そして気になるの
次のアップデートまでとカウントダウンがあるのです。

ここで何かあることを期待しています。

Goguen

第三段階のアップデートです。

アップデートの時期は好評されていません。

アップデートによる機能向上

  • サイドチェーン(カルダノ上でAda(エイダコイン)を使用する能力を高め、スケーラビリティを可能とし、またブロックチェーンのフォークを起こさずに新しい機能の実装を可能とします。)
  • アカウントモデル(UTxOスタイルを使用する台帳とアカウントベースのアカウントモデルを使用する台帳の間で価値を常に動かすことで、両方の方法とその関係性に形式的な理解を深めていくことができます。)
  • PLUTUSコア(Plutusコア言語が完成し、カルダノの決済レイヤー及びコンピュテーションレイヤーに組み込まれます。)
  • IELE仮想マシン(IELEは、汎用言語フレームワークを有するスマートコントラクトを翻訳し、実行する仮想マシンができます。)
  • 統合及び実装(サイドチェーン及びアカウンティングは、カルダノの決済レイヤー及びカルダノコンピュテーションレイヤーに実装さます。IELE及びPlutusコアは、カルダノコンピュテーションレイヤーに統合さます。)
  • スマートコントラクトのデプロインメント及び相互作用(スマートコントラクト開発者のためのツール一式が利用可能とり、当該ツールには、メインネットにデプロイされる前にコードを試験するプライベートテストネットワークが含まれます。)

今後追加されていくこともあると思います。
スマートコントラクトの機能に着目したアップデートになっていく予定になっています。

Basho

アップデート時期、内容はまだ発表されていません。

Bashoって名前は松尾芭蕉の名前を使っています。

パフォーマンス、安全性及び拡張性に焦点を当てています。またウロボロス・プラオス及びネットワーク層の見直しも行われる予定です。

Voltaire

アップデート時期、内容はまだ発表されていません。

財務モデルの導入とともに保証性及び拡張性に焦点を当てています。

これによってブロックチェーン及びコミュニティの持続可能性と自律性が保証されます。

今後の動向としてアップデートが注目されることは間違いありません。
他の仮想通貨でもアップデートは注目を集めています。
エイダコインについてのアップデートは、内容を見る限り注目度はトップクラスになるのではないでしょうか。

エイダコインの購入方法

エイダコインは現在、日本の取引所では扱ってません。

エイダコインの購入は香港取引所になりますが、バイナンスをおすすめします。

バイナンスはこちら

バイナンスの登録は↑のリンクからどうぞ。

グーグルクロームの翻訳機能を使用すると日本語表記になるのでわかりやすいです。

日本の取引所についてはこちらに記載してあります。参考にしてください。

まとめ

エイダコインについて記載をしてきました。
詐欺コインと言われながらも、かなり人気のある仮想通貨になっています。

開発の目的がかなり特徴的で、とても共感を持つことが出来るのではないでしょうか。

仮想通貨の使い道としては非常に世の中に貢献が出来るものになると思っています。

エイダコインの性能をよく理解していない人が多いため、エイダコインについての凄さを広めて欲しいと思います。

けして、オンラインカジノのために作られたコインではないということを理解して欲しいです。

仮想通貨ランキング!!おすすめの通貨紹介! これから仮想通貨を買ってみたいけどわからない! 仮想通貨を買ってみたけどまだよくわからない! どんな仮想通貨...

ではでは

仮想通貨取引所といえばここ!!

リップルが指値で購入が出来ます。

3000円がもらえるキャンペーンも行っています。

詳細ページ公式ページ

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

リップルの取引量が世界一になった取引所です。

リップルを購入するなら絶対に登録をしましょう。

詳細ページ公式ページ

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

チャート見るのはGMOコインで行っています

詳細ページ公式ページ