仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
アルトコイン一覧

仮想通貨リップル(Ripple)XRPの発行枚数は?減少していく理由とは?

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
XRPは減っていく?どういうこと?
パパ
パパ
これはXRPの特徴だね!リップルのシステムを利用すると手数料がかかるんだ。その手数料はリップルの収益ではなく破棄されることになっているんだ!
こっちゃん
こっちゃん
すごい!!じゃ持ってるだけで価値が上がるってこと?
パパ
パパ
その通り!絶対枚数が減る=価値が上がるってことだね。詳しく見てみよう

リップルの発行枚数は1000億枚である

「その通りです」

リップルの発行枚数は1000億枚というのは正しい回答です。

発行の上限という話です。

今の発行枚数を知っていますか?

リップルの発行枚数は日に日に減少しているのです。

この事実を知らない人が多くいるため記事にしていきます。

RippleNetを使用するためにごく小額のXRPが必要となる

仮想通貨リップル(XRP)の発行枚数は1ヶ月でどのくらい消滅した? 当サイトでも解説をしましたが、XRPの発行枚数は毎日減り続けています。 XRPはどのくらいのペースで減って...

XRPの発行枚数は増えないのか?

こっちゃん
こっちゃん
この話よく聞くー!実際にはどうなの?
パパ
パパ
リップル社がきちんと回答してるよ!アンチが嘘をついているってことだね。

リップルの初期発行枚数は「1000億枚」です。

この発行枚数について「リップル社」が発行枚数を増やすことが出来るという話が出回っています。

これについては、リップル社が公式に回答をしています。

XRPを新規に発行することはない

リップル社は公式に発行することはないと回答をしています。

XRPを新規に発行する理由がないという事です。

新規に発行できるコインがあったとして信用できますか?

そんなことをしたら、XRPの価値がなくなってしまいます。

発行したら、信用を失ってしまうため行うことはないという事ですね。

公式に回答をしているため、今後発行枚数が増えることはないといえるでしょう。

ただ、リップル社は発行しないと回答しているだけであり、XRPが発行できないという事ではないことを覚えておきましょう。

発行されているXRP全てが流通しているわけではない

こっちゃん
こっちゃん
へぇー。すべてのXRPが市場に出回っているんじゃないんだね。
パパ
パパ
うん!リップル社が半分以上持っているんだよ!ロックアップするよー!ってアナウンス流れた時はリップラーが盛り上がったんだよね。

XRP1000億枚は全てが市場に出ているわけではありません。

半数以上はリップル社が所有しています。

リップル社は所有しているXRPについて「ロックアップ」一定期間は市場に出さないことを宣言しています。

ロックアップ

2017年12月8日リップル社は所有している550億XRPについて一定期間市場に出さないようにすると宣言をしました。

あくまで一定期間は流出をしないという事です。

リップル社は、2018年1月から毎月10億XRPを市場に放出します。

55ヶ月間をかけて全てのロックアップが解除されるという事です。

ただし、毎月10億XRPを全て放出するという事ではないといっています。

市場を見ながら流出するXRPを決めていくという事です。

その上限が10億XRPとなります。

流出できなかったXRPは再ロックアップをされることになります。

XRPの発行枚数は減少していく

こっちゃん
こっちゃん
どのくらいの枚数が減っているの?気になるなー。
パパ
パパ
よし!詳しく見ていくよ。違う記事で検証もしてみよう。

XRPの特徴でもあります。

知らない人が多いのですが、XRPの発行枚数は減少していきます。

Ripplenet

XRPを使用して送金を行う場合、「Ripplenet」というシステムを利用することになります。

このRipplenetを利用するためには、小額のXRPが必要になるのです。

消費されたXRPについては、リップル社の利益となるわけではなく消滅します。

ごく小額のXRPとなりますが、確実に消滅していっています。

現在の発行枚数

2018年6月1日

発行枚数は99,992,233,977 XRPとなっています。

消滅したXRPの枚数は、7,766,023枚です。

発行枚数に対しては、少ない枚数に見えますが、金額にすると5億円です。

5億円のXRPが消滅したことになります。

仮想通貨リップル(XRP)の発行枚数は1ヶ月でどのくらい消滅した? 当サイトでも解説をしましたが、XRPの発行枚数は毎日減り続けています。 XRPはどのくらいのペースで減って...

Ripplenetの利用は増えていく

XRPの消滅した枚数については、記載しましたがこの数字はあくまでRipplenetの使用量が少ない今までに減少したXRPです。

今後Ripplenetを使用して、送金を行うことが増えていくことを想像してください。

XRPの減少枚数は増えていくことになります。

XRPの枚数が減少すると価格は上がっていくことになります。

リップル(XRP)の特徴となりますので、しっかり覚えておきましょう。

こっちゃん
こっちゃん
XRPの使用量が増えたらどんどん減っていくスピードが速くなるね。
パパ
パパ
その通り!すごく楽しみになるでしょう。

リップルを買える取引所

ビットポイント

1つ目のオススメはビットポイントです。

認知度が低いのでまだ使っている人が少ないですが、日本で一番の取引所です。

【3000円がもらえる】仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の開設方法、特徴、評判をわかりやすく解説! 仮想通貨取引所ビットポイントは手数料が無料で5種類の仮想通貨を購入することが出来...

特徴をまとめてあります。注目の取引所のため今後登録者が増加します。←裏情報です。

取引手数料が無料で、取引方法がたくさんあり、FXの自動売買も出来ます。

資本金が日本の取引所で一番となっています。

安心して取引を行うことが出来ます。

こっちゃん
こっちゃん
この取引所はみんな知らないの?
パパ
パパ
そうなんだよ。知らない人が多くてビックリしているよ。パパも知らなかったよ!使ってみてビックリした!

詳細ページ公式ページ

ビットバンク

2つ目のオススメはビットバンクです。

手数料が無料で取引をすることが出来るため、短期分のリップルを入れておくのにオススメしています。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

詳細ページ公式ページ

GMOコイン

3つ目はGMOコインです。

販売所のため、割高となってしまいますが、急な価格の変動には一番対応がしやすいです。

大きな会社ですのでセキュリティーも安心。

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

詳細ページ公式ページ

ビットトレード

4つ目はビットトレードです。

ビットバンクの板を使用しており、取引量も同じです。

手数料はビットバンクと違い掛かってしまうので注意してください。

詳細ページ公式ページ

XRPの発行枚数は減少していくまとめ

リップル(XRP)の特徴は理解していただけましか?

XRPの発行枚数1000億枚というのは、発行の上限であって現在の発行枚数とは違うという事です。

リップルを購入する理由の一つになっています。

今後Ripplenetがどこまで使用されるかによって減少していく枚数は変わっていきます。

将来、送金はRipplenetを使用していることを想定するとXRPの発行枚数も減少していることになるでしょう。

その時の価値を考えて見ましょう。

今のXRPと減少したときのXRPでは、減少したときのXRPの方が枚数が少ないことになり、価値があるという事です。

今買わないでいつ買うの?
知らない人が損をする時代であなたは、リップル(XRP)を知っています。

チャンスを手にしているのです。

こっちゃん
こっちゃん
すごいチャンスってことだね!
パパ
パパ
そうだね!人気でXRPが購入できないって時も来るかもしれないね!
【億り人を目指す】まだ間に合う仮想通貨への投資! 仮想通貨への投資を考えている人 仮想通貨への投資をしているが今後続けるか悩んでいる人 こ...
【取引所が使えない】リップルの取引ができない!機会損失が凄いことになった! 2018年1月コインチェックがハッキングされました。 流出したのは仮想通貨NEM(ネム) コインチェ...
仮想通貨投資の仕組み!短期売買での儲け方!簡単に仮想通貨が増える!どうもリップル大好き『推しっプル』です。 仮想通貨の枚数を増やしたいなぁ~って思ったことありませんか? 私はいつも思...

ではでは