仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
アルトコイン一覧

仮想通貨ネムコイン(NEM)XEMとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!

GMOコイン

どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。

仮想通貨取引所の問題で仮想通貨が暴落をしてしまいましたね。チャートを見てても毎日毎日下がっていきます。

こういう時は勉強をすることに専念をしようと心に誓いました。チャート見ていると買いたくなってしまいます。

今回は、仮想通貨大好きちゅうたが日本で人気のネム(NEM)XEMについて解説をしていきます。

ネム(NEM)XEMとは?

 

ネムとは、2015年3月31日に発行された仮想通貨です。ネム財団により開発されました。その開発者の中に日本人がいること、日本の企業と関わりが深いことから、日本で注目が高くなっています。

NEMとは、New Economy Movement 新しい経済を作るとして始ましたプロジェクトです。

ネムは、PoI(Proof of Importance)というアルゴリズムを使用しています。
このアルゴリズムが最大の特徴です。

 

ネムの基本情報

 

  • 通貨単位:XEM(ゼム)
  • 発行枚数:8999999999枚
  • 発行日:2015年3月31日
  • アルゴリズム:PoI(Proof of Importance)
  • 開発者:ネム財団
  • ホームページ:公式ホームページ

ネムの特徴

ネムの最大の特徴は、使用しているアルゴリズムです。
また、日本の企業との関わりが深いことも特徴の一つです。

それぞれ説明をしていきます。

PoI(Proof of Importance)

プルーフ オブ インポータンス(重要度の証明)

ビットコインではPoWを採用しています。マイニングを行い、一番早く演算処理を行った人に対して、報酬が支払われるシステムです。

ネムのPoIでは、マイニングはありません。ハーベストといって、ウォレットに入っているネムの量と、取引を行った回数によって評価され、その貢献度によって報酬がもらえます。

ただコインを多く所持しているだけでは評価は上がらないため、富裕層が多くもらえるというわけではありません。

取引をどのくらい行っているかを評価しています。これは同一アドレスに対して取引を繰り返しても評価が上がらないようになっています。

このシステムによって富の分散化を図っています。

 

このハーベストには誰でも参加できるようになっています。

ネムの承認システムは1分に1回行われています。1分ごとに承認システムに使われるネム保有者が貢献度によって選ばれています。

貢献度が高い人ほど多く使われるということです。少ないから選ばれないわけではありません。

ハーベストに参加するためには10000ネム以上を公式ウォレットに入れておく必要があります。

ビットコインなどのマイニングでは企業などが参入しており、報酬を得ることが難しいといわれていますが、ネムのハーベストでは一般の方でも報酬を得ることが出来るシステムになっています。

このシステムこそ、ネムの人気の一つであり、最大の特徴となっています。

ハーベストには2種類の方法があります。

ローカルハーベスト

ローカルハーベストとは、自分でハーベストを行う方法です。

ネムの公式ウォレットに10000ネム以上入れておき、パソコンを常にオンラインにしておきます。

すると時々、承認権が回ってきます。その処理を行うと報酬がもらえるシステムです。

*ハーベストを行うためには、10000ネム以上ウォレットに入れてからしばらく時間が掛かります。

デリゲートハーベスト

デリゲートハーベストとは、委任してハーベスト行う方法です。

ネムの公式ウォレットに10000ネム以上入れておき、公式ウォレットにてデリゲートアカウントの設定を行い、後は気長に待つだけです。

*ハーベストを行うためには、10000ネム以上ウォレットに入れてからしばらく時間が掛かります。

マイニングを行ってみたいが、技術力がないから出来ない。マイニングの機械代出せない方にはおすすめの方法です。

ただ、ハーベストは一定の金額以上入れないと報酬の量は少ないです。

富の分散化といってもやっぱり富が多い人の方が報酬をもらえているようです。

スーパーノード

ネムを管理しているノードのことを指しています。
一定の条件を満たすとスーパーノードとなることが出来るのです。

300万ネム以上を保有していること。
高速のインターネットに常に接続されていること。
高速で計算をすることが可能。
などなど。

条件を満たすことが出来て、スーパーノードのなることが出来れば、毎日1万円くらいの報酬を得ることが出来るでしょう。

ただ、300万ネムって・・・今の価格でいくらですかね。

私には無理です。笑

ハーベストについては以上になります。

日本の企業との関わりが深い

 

ネムは日本の取引所である「テックビューロ(zaif)」と提携をしています。
テックビューロでは、ネムの技術を使用してMijinというトークンを発行しています。

Mijinは金融機関のコストの削減とセキュリティーの強化を目的に作られているトークンになります。

Mijinとネムは提携を発表しており、テックビューロはMijinとネムの両方にカタパルトという技術を共有することを発表しています。

カタパルトとは、C++言語で作られた、拡張バージョンです。スループット、柔軟性、安定性、ネットワーク通信の最適化、スケーラビリティを向上させ、より良いネットワークパフォーマンスを提供するように設計されています。

カタパルトが実装されると、ネムの決済スピードの平均1秒間に3000件の処理が行うことが出来るようになります。

1秒間に3000件というのはかなり早いです。

ビットコインが1秒間に6.6件の処理しか出来ません。

送金能力に長けているリップルでは1秒間に1500件の処理となっています。

カタパルトが実装されたネムでは3000件となるため、リップルの2倍の速度で処理が行うことが出来るのです。

この技術が実装されれば、期待度も含めて価格が高騰していく可能性がありますね。

 

ネムの今後

 

ここからは私の勝手な予想も入っています。

参考までに見てください。あくまで予想であり、発言による責任は負いません。投資は自己責任です。

ネムは2018年中にはカタパルトの実装があると言われています。

このカタパルトの実装により、決済速度が早くなります。

また、ネムについては香港の取引所バイナンスへの上場が待っています。

バイナンスのCEOが上場を明言しています。その時期も気になるところですね。

ただ、ネムについては使い道が見えてきません。

アプリの開発にネムを使用することが出来ますが、この分散アプリケーションの分野にはイーサリアムの存在があります。

イーサリアムを超えていくことが出来るかが、今後の鍵になりそうですね。

カタパルト実装により、送金への期待もありますが、ここにはリップルの存在があります。リップルは既に多くに銀行と提携をしており、なかなか難しい状況にあります。

使い道がしっかり出来るとネムはどんどん価格が上がっていくと思っています。

その理由として、時価総額を見れば説明が出来ます。

ネムの時価総額はビットコインの50分の1となっています。将来的にビットコインと同じ時価総額となるためには50倍になる必要があります。

リップルと比べると10分の1となっています。
今後カタパルトの実装があり、実用化されることになれば現在のリップルくらいの時価総額になると思っています。現在の価格よりの10倍にはなるのではないかと予想しています。

ランキングに戻る

ネムを安く買う方法

ネムの取り扱い取引所はザイフとDMMビットコインです。

ネムの購入にはザイフをおすすめします。

ザイフについてはこちらに詳しく解説しています。

ザイフは指値での購入が出来るため安く購入することが出来ます。

ザイフの登録には2週間前後時間を要しますので、登録は早めにすることをおすすめします。

ネムのレバレッジ取引を行うなら、DMMビットコインをおすすめします。

ビットコインでいうと取引高の90%はレバレッジ取引と言われています。アルトコインのレバレッジ取引を行うことが出来るのはDMMビットコインだけです。

解説をしておいて損はないでしょう。

 

日本の取引所についてはこちらに記載してあります。参考にしてください。

おまけ

仮想通貨取引を行っている方へ。

情報をキャッチすることを勧めています。

ちなみに私はお金を出して情報を教えてくれるビジネスグループに所属しています。

そこでは皆さんが知るよりも遥かに前にICOの情報を教えてくれたり、マイニングの方法を学んだりしています。

お金を稼ぎたいと考えている人はお金を払ってでも情報を買うことをお勧めします。

アフィリエイトで成功する方法なども教えてくれますよ。

無料体験ができるところを紹介しておきます。無料で勉強できるところまででもやって見てください。本当に価値がありますよ。

強制はしません。情報を受け取った人の方がお金儲けができるだけなので。

 

↓↓↓無料で1万円がもらえる情報です↓↓↓

そろそろ募集が終了になる可能性があるため早目に登録をお勧めします。

メールの登録のみで無料で閲覧できる動画を見るだけで1万円もらえます。

やるか、やらないかの世界ですので怪しいと思われる方はスルーしてください。

ランキングに戻る

ではでは