仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
アルトコイン一覧

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)LTCとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!

GMOコイン

どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。

仮想通貨取引所の問題で仮想通貨の価値が下がってきていますね。
仮想通貨自体の価値がなくなっているわけではないと考察していますが、チャートが下がっているのを見るのは不安になりますね。

そんな仮想通貨大好きちゅうたがライトコインについて解説をします。
今後に期待が持てるコインです。

ライトコイン(Litecoin)LTCとは?

ライトコインとは、2011年10月7日に元Googleエンジニアのチャーリー・リー氏を中心に開発された仮想通貨です。

ライトコインはビットコインと同じように決済での使用を目的に作られました。
ビットコインが金であるならばライトコインは銀のような存在で目指したいと開発が進められています。

ライトコインはビットコインとほとんど同じ仕組みで作られています。しかし、ライトコインの性能はビットコインよりも上の存在です。実用性に優れています。

ビットコイン2.0と呼ばれています。

ライトコインの基本情報

  • 通貨単位:LTC
  • 発行枚数:8400万枚
  • アルゴリズム:Script(スクリプト)方式
  • 公開日:2011年10月7日
  • 開発者:元Googleエンジニア、チャーリー・リー氏を中心としたグループ
  • 公式ホームページ:https://litecoin.org/ja/

ライトコインの特徴

ライトコインの特徴について見ていきます。
ビットコインと比較しながら解説をしていきます。

マイニング方式

ビットコインや多くの仮想通貨はSHA256というマイニング方式を採用しています。ライトコインではscriptというマイニング方式を採用しています。

SHA256とscriptの違いは、マイニングのスピードです。scriptの方が効率よくマイニングを行うことが出来るのです。その分マイニングにかかる電気代を抑えることが出来るということです。
マイニングに使用するハードウェアにも違いがあり、ライトコインの方がコストが掛かりません。

送金(決済)スピード

ビットコインの送金(決済)スピードは10分となっています。
それに対してライトコインの送金(決済)スピードは2.5分となっており、ビットコインの4倍速いスピードで決済をすることが出来ます。

*注意*
決済スピードが速いことに関してはデメリットもあります。そこもしっかり覚えておきましょう。
セキュリティーがビットコインよりも弱いと言われています。ビットコインの決済スピードが10分というのも意味があるということですね。
一つのブロックを作る時間を長くすることでデータ改ざんなどの不正を行為監視、検証することが出来るということです。時間が短くなるとその時間も短くなるということです。

SegWit(セグウィット)

ライトコインでは、SegWitを早くから実装しています。
ビットコインも現在(2018年3月10日)は実装されているため、性能自体に変わりはなくなっています。

SegWitとは、ブロックに入るデータを小さくしてより多くのデータをブロック内に入れる技術です。

この技術は、ビットコインでよく話が出ていた、送金詰まり、手数料の高騰という問題(スケーラビリティ問題)について解決してくれる技術です。

ライトコインでも送金詰まりなどの問題(スケーラビリティ問題)があり、2017年5月SegWitが実装されました。

今後の動向

ライトコインについては前述してきましたが、ビットコインよりも実用性に長けています。
今後色々なところで決済に使われていくと期待をされている仮想通貨です。

ライトコインの今後の動向として、もっとも注目をしていきたいことは、ライトペイ(決済アプリケーション)です。

ライトペイとは?

2017年12月に発表された決済アプリケーションです。
ライトコインを使用して即時決済が出来るシステムです。手数料が1%となっており、クレジットカードよりも安くなっています。
ビットコインで決済が出来るお店が増えてきていますが、今後はビットコインに変わってライトコインが決済に使われていくと期待されています。

ライトペイは決済だけでなく両替機能も持っています。手数料が安く両替が出来る期待されています。

クレジットカード会社VISAと提携をしています。今後デビットカードの発行が出来るようになると言われています。

2018年2月26日ライトペイが正式にリリースされました。
ライトペイのリリースによりライトコインは一時高騰を見せました。

ライトペイによって仮想通貨に明るい未来が見えてきています。

ライトコインを安く買う方法

仮想通貨の取引には2種類の取引方法があります。販売所と取引所で違いがあります。

こちらで説明をしています。

でライトコインの価格も違うので取引所を沢山開設しておくといいです。

下にご紹介します取引所は日本で金融庁に登録されている取引所です。

取引所では指値での取引が出来ます。ライトコインを買うなら確実に取引所で買う事をお勧めします。個人的には全ての取引所を開設してあります。金額に差があるため、送金をして売買すれば、実は儲かります。チャンスは確実に掴みましょう。

*注意
ライトコインの取引所(指値での取引)を行うことが出来るのは下記の2つになりますが、日本円での取引は出来ません。ビットコイン建での取引になります。

ビットトレードの技術力は凄すぎる。将来的に確実に日本で一番使われると日引き所になると私は考えています。

手数料無料でライトコインを買えるのはビットバンクだけです。

 

仮想通貨の取引を初めて行うという方は取引所ではなく販売所での購入をおすすめします。

上記に紹介した取引所の後々使うことになるので開設をしておくとよいでしょう。

販売所でおすすめするのは次の二箇所です。まずはビットフライヤーです。
セキュリティー面では日本一安心な販売所です。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

次に紹介するのはGMOコインです。取引方法も簡単です。

まとめ

ここからは私の勝手な予想も入っています。

参考までに見てください。あくまで予想であり、発言による責任は負いません。投資は自己責任です。

ライトコインについて解説をさせて頂きました。私の中では凄く魅力のある技術だと思っています。

クレジットカードで買い物をよくしている人は一度は気になったことはありませんか?クレジットカード会社にいくらお金が入るの?と。クレジットカード会社は3%くらいの手数料をもらっています。そう考えるとかなり商品の価格が高くなっていることがわかりますよね。

今後クレジットカードの機能をライトペイが引き継いで行く時代がくれば、手数料の違いにより、商品をもっと安く買うことが出来るようになると考えています。

これぞ仮想通貨の凄いところ!

仮想通貨が注目されている技術の一つですよね。

ライトコインは世界を変える仮想通貨になる可能性が高いと考えています。
必然と価格も上がっていくのではないかと考えています。

今後の動向に期待しましょう。

ランキングに戻る

おまけ

仮想通貨取引を行っている方へ。

情報をキャッチすることを勧めています。

ちなみに私はお金を出して情報を教えてくれるビジネスグループに所属しています。

そこでは皆さんが知るよりも遥かに前にICOの情報を教えてくれたり、マイニングの方法を学んだりしています。

お金を稼ぎたいと考えている人はお金を払ってでも情報を買うことをお勧めします。

アフィリエイトで成功する方法なども教えてくれますよ。

無料体験ができるところを紹介しておきます。無料で勉強できるところまででもやって見てください。本当に価値がありますよ。

強制はしません。情報を受け取った人の方がお金儲けができるだけなので。

 

↓↓↓無料で1万円がもらえる情報です↓↓↓

そろそろ募集が終了になる可能性があるため早目に登録をお勧めします。

メールの登録のみで無料で閲覧できる動画を見るだけで1万円もらえます。

やるか、やらないかの世界ですので怪しいと思われる方はスルーしてください。

ではでは