仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
ランキング

仮想通貨ランキング!!おすすめの通貨紹介!

GMOコイン

どうもリップル大好き推しっプルです。

  • これから仮想通貨を買ってみたいけどわからない!
  • 仮想通貨を買ってみたけどまだよくわからない!
  • どんな仮想通貨があるのかわからない!

この記事ではその声にお答えします。

仮想通貨を購入しようとしている人!
仮想通貨を購入したばかりの人!

まず、仮想通貨に何を求めますか?

仮想通貨で億万長者(億り人)になりたいと考え仮想通貨を購入しますか?

仮想通貨で資産を2倍、3倍にしたいと考え仮想通貨を購入しますか?

それによって選ぶ仮想通貨は変わってきます。

仮想通貨で一番有名なのは、ビットコインです。

ビットコインはすでに200万以上の価格になりました。

現在は、100万円くらいを推移しています。

ビットコインが運用開始してから既に4000万倍という異常な上昇を遂げています。

今後ビットコインが4000万倍となることはまずありえないです。

小額を投資して億万長者となるためには、時価総額が低い仮想通貨を購入することをおすすめします。

誰もが予想していないことが起きているのが仮想通貨の世の中です。

資産を数倍にしたいと考えているのであれば、現在時価総額が高いものを購入すれば今後数倍になる可能性は十分にあります。

時価総額が高いものでもビットコインよりも実用化されて、価格が高騰するものもあると思います。

まずは仮想通貨にどんなものがあるのかをしっかり知ることをオススメします。

その中で実用化される可能性が高いと感じるものに投資をしましょう。

小額で億万長者を狙っている方は、当サイトには記載されていないマイナーな草コインもしくはICOに参加をしてみましょう。

まずは、時価総額ランキングをご覧ください。

その後オススメの仮想通貨について記載していきます。

【スマホで簡単】仮想通貨取引所ランキング!おすすめ紹介! 仮想通貨はインターネット上にある取引所から購入をします。 とはいえ、取引所はどうやって選べ...

仮想通貨時価総額ランキング

平成30年3月6日現在のランキングになっています。随時更新

1位:ビットコイン(bitcoin)BTC

 

時価総額:約20兆4000億

1枚あたりの価格:120万円

説明

ビットコインとはサトシ・ナカモトを名乗る人物によって投稿された論文に基づき、2009年に運用が開始された。仮想通貨の中では一番歴史のある仮想通貨です。

決済を目的として運用が開始されました。開始直後、テレビの報道が多くされていたのを覚えていると思います。
2009年の一枚あたりの価格は0.6円くらいでした。
当時1万円分買っていれば、すでに「億り人」!!
仮想通貨の夢がここから始まりました。

現在はビットコインが基軸コインとなり、他のコイン(アルトコイン)の価格が決まっています。

2位:イーサリアム(Ethereum)ETH

時価総額:約8兆8000億

1枚あたりの価格:90万円

説明

イーサリアムとは、2013年にヴィタリック・ブテリンが設計し運用が開始されました。日本では2015年ごろから取引が開始されています。

イーサリアムはアプリケーションを簡単に作成するため、設計されたブロックチェーンです。
イーサリアムの技術であるスマートコントラクトには大企業も注目をしていて、今後の値上がりが期待されています。

3位:リップル(Ripple)XRP

時価総額:約3兆9000億

1枚あたりの価格:101円

説明

リップル(XRP)とは、2013年にリップル社が設計し運用が開始されました。

リップルの最大の特徴は送金のスピードが速いことです。ビットコインが送金に10分程度掛かるのに対してリップルは3秒で送金をすることができます。
ブリッジ通貨として開発されたことで有名です。
リップルの技術はすでに多くの銀行、送金会社に認められており、送金の使用が開始されています。全世界の送金に使われると期待が大きい通貨です。

仮想通貨リップル(Ripple)XRPとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! 仮想通貨について毎日毎日考えていると全ての通貨に魅力を感じてしまいます。 色々な通貨が欲しくなっています。 今回は日本で...

4位:ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)BCH

時価総額:約2兆2000億

1枚あたりの価格:13万2000円

説明

ビットコインキャッシュとは、2017年8月にビットコインから分裂(ハードフォーク)して誕生した仮想通貨です。

ビットコインと同じで発行枚数が2100万枚となっています。ビットコインとの違いはブロックサイズです。ビットコインが1Mバイトに対して、ビットコインキャッシュは8Mバイトとなっています。
誕生したときの価格は4万円弱でした。一時50万近い金額まで上がり、注目を浴びました。
今後ビットコインの代わりに基軸コインになるのでは?と期待の声も上がっています。

仮想通貨ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash)BCHとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の技術にとても関心があります。 今後私たちが生きていく...

5位:ライトコイン(Litecoin)LTC

時価総額:約1兆2000億

1枚あたりの価格:2万2000円

説明

ライトコインとは2011年に中国のチャーリーリーにより設計された仮想通貨です。

ライトコインはスクリプトというアルゴリズムを採用しており、ビットコインよりも遥かに簡単にマイニングを行うことができます。
ライトコインはビットコイン2.0と呼ばれており、開発者はビットコインに対して、「金と銀」みたいな関係でいたいと発言しています。
ライトコインはVISAカードと提携しており、ライトペイとして使用ができるようになると注目を集めています。

仮想通貨ライトコイン(Litecoin)LTCとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! 仮想通貨ライトコインは時価総額で常に上位にある仮想通貨です。 ビットコインを元に作られており、性能はビット...

6位:エイダコイン(Cardano)ADA

時価総額:約8000億

1枚あたりの価格:31円

説明

エイダコインとは、2016年多くの人が開発にかかわり、設計された仮想通貨です。

2017年10月一般に公開されました。プレセールでの価格が0.3円で買うことができました。2018年1月には100円以上の値段をつけ、300倍になりました。「億り人」がたくさん出たことでも有名です。
エイダコインは、30億人の財布を作ることを目標に掲げています。30億人とは国家から身分を認められていない人の数です。身分を認められていないため、銀行の口座を持つことが出来ません。その人たちの資産を守り、貯金が出来るようにすると言うのが、開発の目的です。一時は詐欺コインという話が出回りました。現在は、その話は薄れてきています。

仮想通貨エイダコイン(Cardano)カルダノADAとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうもリップル大好き推しっプルです。 カジノで利用するために作られたわけではない。 詐欺コインではない。 ...

7位:ネオコイン(NEO)NEO

時価総額:約7500億

1枚あたりの価格:1万1600円

説明

ネオコインとは、2014年2月に中国の開発者によりアントシェアーズという名前で設計された仮想通貨です。

アントシェアーズは2017年にリブランディングを行い、名称がNEOに変更されました。
ネオコインはイーサリアムと同じスマートコントラクトの技術を採用しており、中国のイーサリアムとして有名です。
ネオコインの特徴は処理速度の速さです。1秒間に1000件の処理ができます。これはリップルと同じ速度になります。

仮想通貨ネオNEOとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! 仮想通貨はネオとは中国版イーサリアムと呼ばれているスマートコントラクトを使用した仮想通貨です。 リブランド...

8位:ステラ(Stellar)XLM

時価総額:約6800億

1枚あたりの価格:36円

説明

ステラとは、2014年にリップルを元にジェド・マケーレブを中心に開発された仮想通貨です。ジェド・マケーレブと聞くと「マウントゴックス」と思い出しますね。

ステラは、リップルよりも処理速度が速いのが特徴です。リップルが銀行などの送金を目的として作られたのに対して、ステラは人と人をつなぐ目的にとして作られています。小額の送金など、インターネットを使用して海外での買い物などを想定しています。
すでに多くの企業と提携を結んでいます。今後の値上がりに期待がされています。

仮想通貨ステラ(Stellar)XLMとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨について調べれば調べるほど、英語が出来ない自分が嫌になっ...

9位:モネロ(Monero)XMR

時価総額:約6000億

1枚あたりの価格:3万8600円

説明

モネロとは、2014年に開発された仮想通貨です。

モネロの最大の特徴は、匿名性の高いアルゴリズムであるCryptoNightを採用していることです。送金時に追跡が困難となっており、誰が、誰に送ったかがわからないようになっています。ただ、この匿名性が高いことにより、決済などへの使用が難しいと言われています。
違法な取引に使用されることを懸念されています。

仮想通貨モネロ(Monero)XMRとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨に対する規制が強くなってきました。 2018年6月...

10位:イオス(EOS)EOS

時価総額:約5950億

1枚あたりの価格:838円

説明

イオスとは、2017年にダン・ラリマーにより開発された仮想通貨です。

2017年6月にはICOをして、18時間で16億円を集めたことで注目を集めました。
イオスの最大の特徴は、ホワイトペーパーにトークンとしての価値はないと名言をしていることです。イオス自体は、分散型アプリケーションを構築するために開発されたブロックチェーン技術です。
イオスに関しては、価格が上がっていることが不思議な通貨です。仮想通貨の価格予想ウェブボットが2018年春ごろから、価格が上昇すると予想が出たことにより期待が価格を上げている可能性がありますね。

仮想通貨イオス(EOS)EOSとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨に関するニュースが毎日のように増えていますね。 仮想通...

11位~20位

11位:アイオタ(IOTA)MIOTA

時価総額:約5480億

1枚あたりの価格:197円

説明

アイオタとは、2017年6月に発行された仮想通貨です。

アイオタの最大の特徴はTangleという技術です。
IoT(モノのインターネット)に導入するために作られた、仮想通貨です。
仮想通貨で初めて送金手数料が無料となっているため、注目を集めています。
現在、提携されている企業はマイクロソフトなど大手企業の名前が見られます。
今後のモノのインターネットへの導入しだいで価格が一気に上がる可能性がある通貨です。

仮想通貨アイオタ(IOTA)MIOTAとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! 仮想通貨の注目度がすこしずつ落ちてきましたね。 仮想通貨は注目されては上がるを繰り返してきたので当たり前のことですかね。 ...

時価総額:約5090億

1枚あたりの価格:6万4300円

説明

ダッシュとは、2014年1月にEvan Duffieldによって開発された仮想通貨です。

ダッシュはプライベートセンドという送金機能を使用しています。この機能により、誰が誰に送金を送ったのかが分からなくなっています。モネロと同じように匿名性の高い仮想通貨です。
ダッシュのもう一つの特徴は送金の速さです。インスタントセンドという技術を使用して取引時間が1.4秒となっています。ビットコインが10分掛ることを考えるとスピードはかなり速いですね。ダッシュは決済機能として海外では既に使われています。今後、日本でも使われる可能性もありますね。アマゾンやアップルなども実はすでに動きがあります。

仮想通貨ダッシュ(Dash)DASHとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログを更新していますちゅうたです。 仮想通貨をはじめたいですと言うメールを何通もいただく様になりました...

13位:ネム(NEM)XEM

時価総額:約3300億

1枚あたりの価格:36円

説明

ネムとは、2015年3月31日に公開されました。開発者の中に日本人がいたことにより注目を集めています。

ネムは発行された時に1600人の投資家に均等に配られたことも有名です。
ネムの発行枚数は8999999999枚となっており、これ以上増えることはありません。
公式のウォレットに保管しておくとハーベストと言って枚数に応じてネムが配布されます。
日本での注目が高く、今後の値上がりに期待されている仮想通貨です。
既にアプリゲーム等で決済に使用されています。

仮想通貨ネムコイン(NEM)XEMとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨取引所の問題で仮想通貨が暴落をしてしまいましたね。チャー...

14位:トロン(TRON)TRX

時価総額:約3200億

1枚あたりの価格:4.8円

説明

トロンとは、2017年にシンガポールで開発をされた仮想通貨です。

トロンはブロックチェーンと分散ストレージ技術を使用し、無料のコンテンツを作ることを目的に作られました。ユーチューブやツイッター等のコンテンツを無料で提供出来るようになります。現在は、ユーチューブやツイッターなど会社が広告費をもらっていますが、その仲介を挟むことがなくなるので、ユーチューバ―などは多くの収入を得ることが出来るようになります。収入がトロンで支払われるようになると価格は高騰することが予測されています。
トロンが採用されていく、ネット業界に革命を起こすことになるでしょう。

仮想通貨トロン(TRON)TRXとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨のことを毎日毎日考えています。何が楽しいの?と思いますよ...

15位:イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)ETC

時価総額:約2800億

1枚あたりの価格:2828円

説明

イーサリアムクラシックとは、2016年7月にイーサリアムのハードフォークにより出来た仮想通貨です。イーサリアムは2016年6月にTHE DAO事件が起きました。仮想通貨事態の問題というよりも抜け道を使った流出事件でした。そこでイーサリアムがとった方法がこの事件をなかったものにしようと元々のブロックチェーンと互換性のない新たなものを作りました。その昔のコードに一部価値が残りました。それが、今のイーサリアムクラシックです。

イーサリアムクラシックはイーサリアムとほとんど変わらない性能を持っています。発行枚数も今のところ同じです。イーサリアムと大きく異なるところはTHA DAO事件があった為、セキュリティーがより強くなっているところです。
イーサリアムクラシックには今後期待されることがいくつかあるため、その動向で価格に大きな変化があると予想されています。

仮想通貨イーサリアムクラシック(Ethereum Classic)ETCとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 G20の議題で仮想通貨出るとのことで、リスクオフで仮想通貨がどん...

16位:テザー(Tether)USDT

時価総額:約2350億

1枚あたりの価格:106円

説明

テザーとは、2015年2月に発行された仮想通貨です。

テザーは他の通貨に価値を連動させる為に作られた通貨です。
基準をUSドルとしており、1USDT=1USDで取引を行なうことが出来ます。
テザーはプルーフ・オブ・リザーブというシステムにより発行されていきます。
テザーの経営母体であるTether Limitedに法定通貨を預けるとその額と同じ、テザーが発行されます。逆に引き出すとテザーは消滅します。このように常に1USDT=1USDとなるようにしています。
陰で仮想通貨を支えている通貨ですね。

仮想通貨テザー(Tether)USDTとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 今日はG20の初日が終わり頭の中が仮想通貨でいっぱいです。 車...

17位:ヴェチェーン(VeChain)VEN

時価総額:約2310億

1枚あたりの価格:487円

説明

ヴェチェーンとは、中国で開発され、2017年8月15日に発行された仮想通貨です。

ヴェチェーンはITO(モノのインターネット)とブロックチェーンの技術を結びつけるために開発されました。各商品とタグ付けを行い、物流の管理を簡易化したり、小売店で商品管理の簡易化を目的としています。
注目されているところは商品が本物か偽物かの鑑定ができるようになることです。
ヴェチェーンはイーサリアムなどと同様にスマートコントラクトの技術を採用しています。まだまだ、開発段階ではありますが、それだけに期待がたくさん詰まった仮想通貨になっています。

仮想通貨ヴェチェーン(VeChain)VENとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説! どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 G20での仮想通貨に対する話は終わりましたね。結論は大きな規制は...

18位:クアンタム(Qtum)QTUM

時価総額:約2060億

1枚あたりの価格:2787円

説明

クアンタムとは、2017年3月17日にICOが開始されました。シンガポールの団体により開発された仮想通貨です。

クアンタムはビットコインとイーサリアムの技術を組み合わせた技術を持っています。
クアンタムの特徴としてはスマートコントラクトを少ないデータ量で実行することができるという点です。スマートフォンなどの小さな端末でも実行を可能にすると言われています。
ビットコインとイーサリアムの技術を融合していることから注目をされていて、価格が上がっています。

仮想通貨クアンタム(Qtum)QTUMとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨について色々な書籍を呼んでいます。 毎晩毎晩、本を...

19位:ナノ(Nano)NANO

時価総額:約2040億

1枚あたりの価格:1524円

説明

ナノとは、2018年1月31日にRaiBlocks(XRB)がリブランディングにより通貨名を変更して誕生した仮想通貨です。RaiBlocks(XRB)は2017年3月に発行されています。

ナノはDAGという技術により、手数料が無料となり、決済スピードも超高速で行うことが出来るとして、注目をされています。その決済スピードはリップルよりも早いとされています。
人気投票によりバイナンスへの上場が決まりました。リップルよりも早いことが人気の理由となっているようです。

仮想通貨ナノ(Nano)NANOとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨は大きく注目を浴びれば、価格を上げて、注目がなくなると価...

20位:リスク(Lisk)LSK

時価総額:約1980億

1枚あたりの価格:1932円

説明

リスクとは、2016年ドイツの開発者により発行された仮想通貨です。

リスクはイーサリアムと同じスマートコントラクトの技術を採用しています。リスクのプログラミング言語はjavascriptを使用しています。Javaはプログラマーであればほとんどの人が使うことが出来る言語です。そのため、今後開発を進めていく過程で開発者に困らないといわれています。
リスクは発行枚数に上限がないことでも有名です。年々マイニングの報酬を下げることで価格が低下していくことを防いでいくと言われています。
2018年には大型のアップデートが待ち構えており、期待をされています。

仮想通貨リスク(Lisk)LSKとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の低迷期が続いていますね。仮想通貨については、信じるか信...

21位~30位

21位:ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)BTG

時価総額:約1970億

1枚あたりの価格:1万1690円

説明

ビットコインゴールドとは、2017年10月24日にビットコインから分裂(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨です。

ビットコインゴールドは、マイニングで不平等が起きているビットコインに問題があるとしてマイニングの方式を変更するために作られました。
分裂時にビットコインを所持している人に対して同等の量のビットコインゴールドが配布されるとのことで話題を呼びました。
取引所により対応が違いました。日本の取引所では現時点(2018年3月30日)で配布はされていません。

仮想通貨ビットコインゴールド(Bitcoin Gold)BTGとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨について調べれば調べるほど奥深い世界ですね。たくさんの用...

22位:オミセゴー(OmiseGo)OMG

時価総額:約1840億

1枚あたりの価格:1803円

説明

オミセゴーとは、2017年6月に長谷川潤とドニーハリスンツによって開発された仮想通貨です。長谷川潤は2013年にタイに会社を設立して運営している日本人です。

開発者の顧問の中にイーサリアム開発者Vitalik ButerinとGavin Woodがいることで話題となりました。オミセゴーは、イーサリアムで発行され、決済を目的として開発されました。
オミセゴーネットワークに接続しているユーザーが、通貨、店舗ポイント、報酬、ゲーム内ポイントなど、あらゆる価値をインターネット上で効率的かつ安全かつ低コストで取引できるようにすることを目的としています。
Unbank the Bankedをスローガンとしています。

仮想通貨オミセゴー(OmiseGo)OMGとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の注目がかなり薄れてきましたね。価格の低下はもちろんです...

23位:アイコン(ICON)ICX

時価総額:約1430億

1枚あたりの価格:371円

説明

アイコンとは、2017年9月に韓国で開発された仮想通貨です。

アイコンは、DAYLI Financial Groupのプロジェクトです。DAYLI Financial Groupとは、韓国で最大のFinTech企業の一つです。
アイコンは、異なるブロックチェーンがプロトコルによって互いに接続できるようにすることを目的としています。
独自のアルゴリズムである、LFT(Loop Fault Tolerance)を使用していることも特徴です。

仮想通貨アイコン(ICON)ICXとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 アイコンって何? どんな特徴があるの? アイ...

24位:ジーキャッシュ(Zcash)ZEC

時価総額:約1410億

1枚あたりの価格:4万1289円

説明

ジーキャッシュとは、2016年10月に発行された仮想通貨です。

ジーキャッシュは「ゼロ知識証明」を使用して、高い匿名性を実現しています。
匿名性が高いことが最大の特徴となっており、世界最大の銀行の一つである「JPモルガン」と提携をしています。
「ゼロ知識証明」という技術は、世界最先端の技術であると称されています。
ジーキャッシュは画期的な暗号技術を使用してプライバシーの新しい標準を確立することを目指しています。

仮想通貨ジーキャッシュ(Zcash)ZECとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうもリップル大好き「推しっプル」です。 ジーキャッシュって何? 何が注目なの? ジーキャッシュについ...

25位:ディジックスダオ(DigixDAO)DGD

時価総額:約1098億

1枚あたりの価格:5万4198円

説明

ディジックスダオとは、2016年3月に世界で初めてイーサリアム上に構築された仮想通貨です。

2016年3月29日~3月30日までICOが実施されました。ICOによって集まった資金は550万ドルです。
ディジックダオでは、PoA(Proof of Asset)プルーフオブアセットという独自のアルゴリズムを採用しています。
ディジックスダオでは、A golden opportunity(絶好のチャンス)をスローガンとしています。

26位:バイナンスコイン(Binance Coin)BNB

時価総額:約1052億

1枚あたりの価格:1063円

説明

バイナンスコインとは、香港取引所であるバイナンスが2017年7月に発行した仮想通貨です。バイナンスは世界で見ても取引量が多い取引所となっています。一時は世界1位となっていました。バイナンスコインは使い道がとてもわかりやすくなっています。その使い道最大の特徴ですね。取引所バイナンスで他の仮想通貨と取引を行うことが出来る。バイナンスコインを使用すると今は手数料が0.05%となる。使い道がしっかりしており、期待が出来る仮想通貨ですね。

仮想通貨バイナンスコイン(Binance Coin)BNBとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 コインチェックがマネックスに売却されましたね。これからに期待とい...

日本で注目コイン

62位:モナーコイン(MonaCoin)MONA

時価総額:326億

1枚あたりの価格:564円

説明

モナコインとは、2014年1月1日に正式にリリースされました。
日本の2ch上で仮想通貨作ったら「面白い」ということをきっかけに「ミスターわたなべ」により開発された仮想通貨です。日本初の日本発の仮想通貨になっています。モナコインを応援している人が多いのも特徴です。モナコインはライトコインを元にして作られています。ネタコインとして開発された仮想通貨ですが、実は機能もしっかりしている。決済を目的として作られた仮想通貨です。

仮想通貨モナコイン(MonaCoin)MONAとは?特徴、今後の動向、購入方法を解説!どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 毎日毎日ブログを書く日々です。仕事が終わり夜9時くらいから3時間...

おすすめ仮想通貨紹介

管理人ちゅうたがオススメする仮想通貨を紹介します。

リップル(Ripple)XRP

当サイトでは、リップルをオススメしています。

理由は

  • 仮想通貨として利用の目的が明確にあること!
  • 既に多くの企業と提携を結んでいること!
  • 価格が上がることを公式サイトで明言していること!
  • 今後価格が上がる理由が一番可能性を感じること!

これから仮想通貨を購入する人には、まずリップルの購入をオススメしています。

私は知人にも仮想通貨の購入を勧めていますが、もちろんリップルは買うように勧めています。

数年後の資産に違いが生まれると予想をしています。

次にオススメの仮想通貨は

モナーコイン(MonaCoin)MONA

モナコインをオススメします。

理由は

  • 日本初の日本発の仮想通貨であること!
  • まだ日本以外の国ではほとんど知られていないこと!
  • 時価総額低いこと!

仮想通貨で億り人を目指したいと言う方にはとてもオススメしています。

時価総額がまだまだ低いため、簡単に価格が上がります。

注目を集めると価格は一気に高騰をします。

日本でしか人気がないため、海外に進出すると高騰の可能性が高いです。

しかし、海外では人気が出ない可能性もあり、リスクは高くなります。

当サイトでは、上記2種をオススメしています。

他にも注目されている仮想通貨はあります。

実際管理人であるちゅうたは他の仮想通貨も所持しています。

他の通貨も数倍になると思っています。

ただ、仮想通貨はとてもリスクが高い投資となっています。

リスクをしっかり理解した上で購入してください。

自己責任です。

【億り人を目指す】まだ間に合う仮想通貨への投資! 仮想通貨への投資を考えている人 仮想通貨への投資をしているが今後続けるか悩んでいる人 こ...
私のブログで伝えたいこと 仮想通貨はだんだん価格が動かなくなってきました。 注目はあるけれども暴落があったことで皆さん消極的になっているのでしょか。...

取引所ランキング

第5位

ビットトレード(BitTrade)

↑こちらから登録できます。

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)の開設方法、特徴、評判どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の購入を検討している人 ビットトレードについて知り...

第4位

GMOコイン

↑こちらから登録できます。

【ビットコインがもらえる】仮想通貨取引所GMOコインとは?開設方法、特徴、評判 仮想通貨の購入を検討している人 GMOコインについて知りたい人 この記事...

第3位

ザイフ(Zaif)

↑こちらから登録できます。

仮想通貨取引所ザイフ(zaif)とは?開設方法、特徴、評判どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の購入を検討している人 ザイフについて知りたい人 ...

第2位

ビットバンク(Bitbank)

↑こちらから登録できます。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の開設方法、特徴、評判どうもリップル大好き推しっプルです。 リップル買うならビットバンク♪ はい!流行語大賞頂きました。←冗談...

第1位

ビットフライヤー

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑こちらから登録できます。

仮想通貨取引所ビットフライヤーとは?開設方法、特徴、評判どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の購入を検討している人 ビットフライヤーについて知...
【スマホで簡単】仮想通貨取引所ランキング!おすすめ紹介! 仮想通貨はインターネット上にある取引所から購入をします。 とはいえ、取引所はどうやって選べ...

ではでは