仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
リップル(XRP)

仮想通貨リップル(XRP)の発行枚数は1ヶ月でどのくらい消滅した?

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
ワクワク!リップルはどの位減ってるかなぁー!
パパ
パパ
そうだね。リップルに投資をしていると何もしなくても価値が上がっていくもんね!ワクワクするね。

当サイトでも解説をしましたが、XRPの発行枚数は毎日減り続けています。

XRPはどのくらいのペースで減っているか確認をしていきます。

あわせて読みたい
仮想通貨リップル(Ripple)XRPの発行枚数は?減少していく理由とは? リップルの発行枚数は1000億枚である 「その通りです」 リップルの発行枚数...

こちらの記事は2018年6月1日に書いた記事です。

リライトをしているため投稿日が変わってしまっています。

この記事の投稿日は2018年7月12日です。

6月1日から7月12日までにどのくらいのXRPが消滅されたのか記載していきます。

9月30日に追記しています。

消滅されるXRPのペースが今のままだと1年間で2,826,560枚のXRPが消滅する

仮想通貨がバーンされると情報が流れると仮想通貨の価格はかなり高騰をします。

しかし、XRPは毎日少しずつ減っているため話題にもなりません。

なので、私が不定期にXRPの枚数について記事を書いていきます。

リップル社が保有しているXRPの枚数も分かるようにしてあります。

XRPは着実に減っていますよーーーー!!

当サイトで人気の取引所

ビットポイント(BITPoint)
日本一の取引所になると予想をしています。
リップル、イーサリアムなど指値で購入することが出来ます。
資本金も日本一となっており安心して使用することが出来ます。

GMOコイン
セキュリティーで選ぶならGMOコインをオススメします。
仮想通貨安全に保管することがもっと大切です。

ビットバンク(bitbank)
リップル、モナコインが手数料無料で購入することが出来ます。
リップルの取引量が世界一になりました。

ビットメックス(BitMEX)
仮想通貨FXをやるならビットメックスをオススメしています。
取引高が世界一となっています。
登録が簡単3分で終わります。

XRPの発行枚数は?

まずは再確認からしていきます。

XRPの初期発行枚数は1000億枚です。

1000億枚のうち60,729,471,764枚はリップル社が所有しています。

現在、世の中に流通しているXRPの枚数は39,262,444,717枚となっています。

約400億枚ですね。

現在のXRPの発行枚数は?

現在のXRP発行枚数を確認していきます。

リップル社保有のXRPが60,729,471,764枚

世の中に流通しているXRPが39,262,444,717枚

この二つを合わせた枚数が99,991,916,481枚となっています。

2018年7月12日現在までに消滅したXRPの枚数は8,083,519枚となっています。

1XRP=50円と考えると404,175,950円となります。

4億円以上のXRPが消滅したことになりますね。

追記

2018年9月30日のXRPの枚数は99,991,836,919枚となっています。

消滅したXRPの枚数は8,163,081枚となっています。

2018年6月1日の発行枚数は?

2018年6月1日の発行枚数を確認します。

あわせて読みたい
仮想通貨リップル(Ripple)XRPの発行枚数は?減少していく理由とは? リップルの発行枚数は1000億枚である 「その通りです」 リップルの発行枚数...

当サイトで解説をした記事の中で枚数については記載をしています。

6月1日の発行枚数は99,992,233,977枚となっています。

消滅した枚数は7,766,023枚です。

約41日間の消滅枚数は?

6月1日から7月12日までに消滅した枚数を確認していきます。

6月1日までに消滅した枚数は7,766,023枚

7月12日までに消滅した枚数は8,083,519枚

約41日間での消滅枚数は317,496枚です。

1日あたり7,744枚が消滅していることになります。

追記

9月30日までに消滅した枚数は8,163,081枚

7月12日から80日で79,562枚

1日あたり994枚が消滅していることになります。

XRPの価格が大きく下がったことで送金などをする人が減ったことが想定できます。

このままのペースで消滅するとどうなる?

このペースでXRPが消滅し続けると1年後の2019年7月12日までに2,826,560枚消滅することになります。

10年間同じペースで消滅を続けると28,265,600枚が減少するのです。

1XRP=50円の場合10年間で15億円近くのXRPが消滅することになります。

XRPが全て消滅するまでには、35375年掛かることになります。

それまで生きていれば1枚持っているだけで億万長者になっていることになるのですかね。

今までの消滅ペースとの違いは?

ここで気になるのは、どの位XRPの消滅ペースが上がったかという事ですね。

XRPは公開されたのが2013年11月です。

XRPが公開されてから2018年7月までで4年8ヶ月が経過しています。

4年8ヶ月で8,083,519枚が消滅したことになります。

1日あたり4,755枚消滅しています。

現在が7,744枚消滅しているため、増えてきていることがわかりますね。

4年8ヶ月のデータが曖昧なため、消滅した枚数を今後も追っていきます。

どのくらいのペースで消滅している枚数が増えているかを調査していきます。

XRPの消滅した枚数まとめ

今回はXRPの発行枚数について解説をしてきました。

XRPの消滅枚数が着実に増えいることが分かりますね。

1000億枚発行されているため、減少してもまだまだたくさんXRPは存在していますが、今後の消滅枚数増加に期待をしていきたいと思います。

今後のリップルの発展に期待をしましょう。

発行枚数が減少をしていることは他の仮想通貨のバーンと同じです。

毎日バーンがある仮想通貨に魅力を感じない人はいるのでしょうか?

XRPは投資先としても優秀なのです。

リップル大好き「推しっプル」でした。

リップルを買える取引所

ビットポイント

1つ目のオススメはビットポイントです。

認知度が低いのでまだ使っている人が少ないですが、日本で一番の取引所です。

あわせて読みたい
【3000円がもらえる】仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の開設方法、特徴、評判をわかりやすく解説! 仮想通貨取引所ビットポイントは手数料が無料で5種類の仮想通貨を購入することが出来...

特徴をまとめてあります。注目の取引所のため今後登録者が増加します。←裏情報です。

取引手数料が無料で、取引方法がたくさんあり、FXの自動売買も出来ます。

資本金が日本の取引所で一番となっています。

安心して取引を行うことが出来ます。

こっちゃん
こっちゃん
この取引所はみんな知らないの?
パパ
パパ
そうなんだよ。知らない人が多くてビックリしているよ。パパも知らなかったよ!使ってみてビックリした!

公式ページ

あわせて読みたい
【3000円がもらえる】BITPoint(ビットポイント)スマホでの登録方法!使い方完全マニュアル!永久保存版 ビットポイントの登録方法を知りたい!使い方が知りたい! この記事ではビットポイントの登録方法か...

ビットバンク

2つ目のオススメはビットバンクです。

手数料が無料で取引をすることが出来るため、短期分のリップルを入れておくのにオススメしています。

ビットコインやリップル買うなら安心安全の仮想通貨取引所bitbankで

公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)の開設方法、特徴、評判どうもリップル大好き推しっプルです。 リップル買うならビットバンク♪ はい!流行語大賞頂きました。←冗談...

GMOコイン

3つ目はGMOコインです。

販売所のため、割高となってしまいますが、急な価格の変動には一番対応がしやすいです。

大きな会社ですのでセキュリティーも安心。

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

チャート見るのはGMOコインで行っています

公式ページ

あわせて読みたい
【ビットコインがもらえる】仮想通貨取引所GMOコインとは?開設方法、特徴、評判 仮想通貨の購入を検討している人 GMOコインについて知りたい人 この記事...

ビットトレード

4つ目はビットトレードです。

ビットバンクの板を使用しており、取引量も同じです。

手数料はビットバンクと違い掛かってしまうので注意してください。

公式ページ

あわせて読みたい
仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)の開設方法、特徴、評判どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。 仮想通貨の購入を検討している人 ビットトレードについて知り...

ではでは

あわせて読みたい
仮想通貨リップルの価格が大きく変動する理由!ここにチャンスがある! リップル(XRP)の価格がいきなり10円20円を暴騰、暴落することがあります。 リップルを保有している人は...
あわせて読みたい
仮想通貨リップル(XRP)は上がる!今買っておくべき3つの理由! リップルの(XRP)知名度はどんどん上がっています。 リップルは送金事業で使用するために作...
あわせて読みたい
【取引所が使えない】リップルの取引ができない!機会損失が凄いことになった! 2018年1月コインチェックがハッキングされました。 流出したのは仮想通貨NEM(ネム) コインチェ...