仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
コラム

ザイフがハッキング!!あなたの仮想通貨大丈夫?ハッキングへの対策方法は?

GMOコイン
こっちゃん
こっちゃん
コインチェックに続いてZaifもハッキングされたね!
パパ
パパ
そうだね!これは必然といったところかな。はっきり言って管理が甘いと思うよ!
こっちゃん
こっちゃん
私達が出来る対策はあるの?
パパ
パパ
取引所に仮想通貨を置いている限りないね!説明していくよ!

2018年1月コインチェックがハッキングを受けてNEMが流出しました。

この事件は多くのテレビで放送されたため皆さんご存知ですよね。

2018年9月Zaifもハッキングを受ける事件がありました。

金額にして67億円の資金が流出しました。

コインチェックの事件から9ヶ月が経過しているためユーザーの方々は対策をとっていたと思います。

まだ対策を取っていない人にどんな対策があるかを説明をしていきます。

コインチェック、ザイフのハッキングについても確認をしていきます。

 

はっきり言いますが、取引所においてある限りハッキングの可能性はあります。

信用できる取引所を選ぶことがまず最良の対策です。

  1. セキュリティーの信用が高い取引所を使う
  2. ハードウォレットを使う
  3. アプリ型仮想通貨ウォレットを使う

Zaifハッキング問題

こっちゃん
こっちゃん
パパ凄く怒ってるね・・どうしたの?
パパ
パパ
今回のザイフの事件についてはかなり納得がいかないことがたくさんあるんだよ!もう二度と使わないね!

9月20日2時59分ツイッターにて報告がありました。

9月14日17時~19時の間に外部からのアクセスがあり、ホットウォレットで保管されていたビットコイン、モナコイン、ビットコインキャッシュが不正送金されました。

金額にして67億円もの多額な金額が送金されたのです。

今回のハッキング問題には大きな問題がいくつかあります。

大きな問題点①

報告のタイミング!

ザイフへのハッキングは14日に起こったことです。

報告があったのが20日の午前2時59分です。

しかも、ツイッターです。

顧客へのメール連絡は順次行われていたのでしょうが、私の手元にメールが届いたのは、20日午前10時です。

報告のタイミングが非常にありえないですね。

事件が起きてから6日後であり、日本時間の深夜に報告を行う。

非常識にもほどがあります。

仮想通貨はこの程度で暴落をしなくなりましたが、ザフトは暴落をしました。

仮想通貨の取引を同時に中止してから報告をするならまだしも、突然報告だけして寝ているユーザーは全くの無視です。

大きな問題点②

コインチェックの時と違い仮想通貨3種類がハッキングをされたこと!

ハッキングを受けて2時間の間に全く気が付かなかったことも問題ですが、2種類の仮想通貨がハッキングを受けたこと注目をしてください。

ホットウォレットへの保管がしてあったとはいえ、3種類の仮想通貨が一度のハッキングをされることは異常です。

全てが同じウォレットに保管されており、管理パスワードを同じものを使用していたとしか考えられません。

コインチェックでの問題が金融庁からの指導もあり、しっかり管理をしなければならないはずなのに・・酷すぎます。

顧客への対応も出来ない。

仮想通貨の保管も出来ない。

異常な会社としか言えないでしょう。

大きな問題点③

流出した金額!

今回流出した仮想通貨は67億円です。

そのうち顧客の資金が45億円。

ザイフの資産が22億円です。

この金額が保管されていたのはホットウォレットです。

ホットウォレットですよ?

流動資産がホットウォレットに保管しているんですよ?

流動資産ですよ?

顧客の資産45億円が流動資産?

ザイフの資産22億円が流動資産?

ありえないですよね?

これで金融庁が何も言っていないことにも問題があります。

散々仮想通貨を価格を操作しておいて結果これ!!

67億円が流動資産として保管をしている異常な取引所です。

唯一の救い

今回のザイフのハッキングを受けてザイフに救いの手を伸ばした取引所があります。

それが取引所フィスコです。

早期に50億円の資金提供がありました。

正直、ザイフを助ける必要はないと思いましたが、顧客の資産を守るために動いてくれたフィスコさんに感謝をしたいと思います。

私も感謝の気持ちを込めて取引所を解説することにしました。

今後、フィスコを使う人が圧倒的に増えていくと思います。

フィスコは自社トークンを発行しており、今回のザイフへの支援を受けて一時的に金額が2倍くらいになっていました。

ザイフのハッキングについてはフィスコに感謝をしましょう。

フィスコ仮想通貨取引所 口座開設プロモーション

公式ページ

ハッキングへの対策をしよう

こっちゃん
こっちゃん
ハッキングへの対策は出来るの?
パパ
パパ
ハードウォレットに入れることで対策は出来るよ!ハードウォレットを使わない人はリスクを分散する対策を取ることが必要だよ!

今後も取引所がハッキングを受ける可能性は十分にあります。

ハッキングをされることを想定して必ず対策をしておきましょう。

セキュリティの信用が高い取引所を使う

仮想通貨を保管をするならセキュリティの高い取引所で保管をしましょう。

しかし、正直どこのセキュリティーが高いかは分かりません。

どこが次の標的となるかも分かりません。

私はたくさんの取引所に仮想通貨を保管することでリスクの分散を行っています。

私が使用している取引所を紹介します。

GMOコイン

私が一番信用して使用しているのはGMOコインです。

その理由は会社の規模です。

東証一部上場企業であるGMOインターネットグループの一つであり、GMOコインがハッキングを受けるようなら仮想通貨の暴落は避けられないと思っています。

絶対に安心とはいえませんが、セキュリティーで選ぶならGMOコインだと思っています。

GMOコイン

登録するだけでビットコインがもらえるキャンペーンを行っています。

公式ページ

あわせて読みたい
【ビットコインがもらえる】仮想通貨取引所GMOコインとは?開設方法、特徴、評判 仮想通貨の購入を検討している人 GMOコインについて知りたい人 この記事...

ビットポイント

2つ目はビットポイントです。

認知度が低いのでまだ使っている人が少ないですが、かなり信用できると思います。

あわせて読みたい
【3000円がもらえる】仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)の開設方法、特徴、評判をわかりやすく解説! 仮想通貨取引所ビットポイントは手数料が無料で5種類の仮想通貨を購入することが出来...

特徴をまとめてあります。注目の取引所のため今後登録者が増加します。←裏情報です。

取引手数料が無料で、取引方法がたくさんあり、FXの自動売買も出来ます。

注目して欲しいのは資本金です。

日本の取引所では一番お金持ちの取引所です。

キャラクターとしてサッカーの本田を雇うことが出来るくらいお金を持っています。

仮にハッキングを受けたとしても、潤沢な資金で補償が出来ると思っています。

この資金力は非常に安心の元といえます。

公式ページ

あわせて読みたい
【3000円がもらえる】BITPoint(ビットポイント)スマホでの登録方法!使い方完全マニュアル!永久保存版 ビットポイントの登録方法を知りたい!使い方が知りたい! この記事ではビットポイントの登録方法か...

現在、私が保管として使用しているのはこちらの二つです。

以前は他の取引所も使用していましたが、保管用としては2つにしています。

その理由はこの二つが一番信用できると感じているからです。

今後信用できる取引所が増えた場合は保管場所を増やしていく予定です。

注目は楽天が買取をしたみんなのビットコインですね!!

ハードウォレットを使用する

取引所のハッキング問題を一番簡単に解決する方法はハードウォレットです。

私自身はハードウォレットは使用していません。

その理由は自分で失敗をすることが怖いからです。

ハードウォレットが壊れてしまったり、無くしてしまったりのリスクがとても怖いです。

また、ハードウォレットに保管をしていると急な価格の変動への対応が出来なくなってしまいます。

それでも、ハードウォレットが一番安全な保管方法です。

私のように「ビビリ」ではなければ、絶対に使用をした方がいいと思います。



ぜひ使ってみて感想を教えてください。

アプリ型ウォレットを使用する

仮想通貨にはスマホにウォレットアプリが存在します。

このウォレットアプリは注目を集めており、登録している人がたくさんいるのです。

売買を行っていないため、ハッキングを受ける心配は少ないのではないかと思っています。

その理由としては、取引所と違って保管されている仮想通貨が少ないことです。

多くの資金があるとハッキングの標的となりやすいですが、ウォレットアプリのため、売買がなく、流動資産も少なくてすみます。

コールドウォレットで多くの仮想通貨が保管されており安心をして預けることが出来ると思います。

私も一つGincoというウォレットアプリを使用しています。

今のところ不具合もなく保管することが出来ています。

このGincoはエアードロップも行っているため登録だけでもしておくといいと思います。

ハッキング対策まとめ

コインチェックに続いてザイフがハッキングを受けました。

今回の事件について未然に流出する量を減らすことが出来たと思っています。

正直言ってザイフの使用をするべきではないと思います。

ザイフはNEMの購入が出来る唯一の取引所となっていたためとても残念です。

次の標的はビットフライヤーになるのではないかととても心配になります。

ビットフライヤーも問題だらけになってしまい、2017年3大取引所と言われた取引所が全て新しく生まれ変わるのではないかと思います。

ここ一年の間に全ての経営者が変わると思います。

ザイフについてはこのままフィスコに買取をされるのではないでしょうか。

今後も取引所の問題は絶対に起きます。

対策を必ず行ってください。

ではでは

あわせて読みたい
【今がチャンス】若者へ!資産構築のためにビットコインを購入しよう! あなたの周りではビットコインを購入している人はどのくらいいますか? あなたの親は? ...
あわせて読みたい
【仮想通貨FX】KAZMAXサロンに参加してみた!衝撃の結果に唖然! 2018年8月仮想通貨FXトレーダーKAZMAXさん@Kazmax_83がオンラ...
あわせて読みたい
仮想通貨リップル(XRP)は上がる!今買っておくべき3つの理由! リップルの(XRP)知名度はどんどん上がっています。 リップルは送金事業で使用するために作...