仮想通貨の始め方!まずはこちらをクリック!
ビットフライヤー

仮想通貨取引所ビットフライヤーとは?開設方法、特徴、評判

GMOコイン

どうも自由気ままにブログの更新をしていますちゅうたです。

  • 仮想通貨の購入を検討している人
  • ビットフライヤーについて知りたい人

この記事はそんな人へ向けて書いています。

仮想通貨の購入をする前に仮想通貨のリスクをしっかりと理解してください。

当サイトでは仮想通貨のリスクを理解したうえでの購入をオススメしています。

仮想通貨は、他の投資よりもハイリスクとなっています。

私が買っていた仮想通貨は問題が生じて一気に価格が暴落し、価値が1000分の1以下になったものもあります。

仮想通貨に関しては、問題が生じると0になる可能性もあります。

【億り人を目指す】まだ間に合う仮想通貨への投資! 仮想通貨への投資を考えている人 仮想通貨への投資をしているが今後続けるか悩んでいる人 こ...
私のブログで伝えたいこと 仮想通貨はだんだん価格が動かなくなってきました。 注目はあるけれども暴落があったことで皆さん消極的になっているのでしょか。...

リスクについてはいくつかの記事で解説をしています。

当サイト管理人であるちゅうたは仮想通貨(ブロックチェーン)の技術が世界を変えると信じています。

ハイリスクを理解したうえで、ハイリターンを狙っています。

 

今回は仮想通貨取引所ビットフライヤー(bit Flyer)の特徴、評判、登録方法を解説をします。

ビットフライヤーは、仮想通貨取引を行っている人に知らない人はいない取引所です。

初心者向けの取引所となっています。

FXを検討している人にとっては、取引量が多いため、使いやすい取引所となっています。

では解説をしていきます。

 

【スマホで簡単】仮想通貨取引所ランキング!おすすめ紹介! 仮想通貨はインターネット上にある取引所から購入をします。 とはいえ、取引所はどうやって選べ...

ビットフライヤーとは

会社名  株式会社bitflyer
設立  2014年1月9日
所在地  〒107-6208 東京都港区赤坂 9-7-1 ミッドタウン・タワー 8F
役員  代表取締役 加納裕三
 取締役 CTO 小宮山峰史
資本金  41 億 238 万円(資本準備金含)
事業内容  仮想通貨交換業及びブロックチェーン開発・サービス事業
株主  加納裕三

小宮山峰史

国内・海外ベンチャーキャピタル

国内事業会社

主要取引銀行  三井住友銀行
会計監査人  新日本有限責任監査法人

 

bitFlyer は国内初の仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)販売所(取引所)として 2014 年 4 月にサービスを開始しました。

ビットコイン(Bitcoin)をより多くの人にお届けすることを目指し、ビットコイン(Bitcoin)のご購入、ご売却を簡単にできるシステムに加え、 クラウドファンディング(fundFlyer)や仮想通貨に関する情報メディア(BTC News)も提供しています。


さらに 1 秒でビットコイン送付ができる bitWire や事業者向け E コマース決済サービスなど、 ビットコイン(Bitcoin)の総合プラットフォームとして万全のセキュリティによる安全な取引を実現出来ることをコンセプトとしています。

ビットフライヤーの特徴・メリット

日本国内にはたくさんの仮想通貨取引所があります。

その中で資本金は一番多くなっています。

また、株主を見てみると国内大手の金融会社がたくさん。

それだけ各企業からの信用が高いということですね。

新聞での広告やテレビをでの広告を始めたのも日本国内では一番早いんですよ。

皆さん一回は見たことありますよね。
「ビットフライヤー♪ ビットフライヤー♪ みんなで歌おう♪ ビットフライヤー♪ ビットフライヤー♪」

とても印象が強いCMですよね。

うちの子供は覚えていて歌っています。

そして私がパソコンをやっていると「ビットフライヤーやっているの?」と聞きます。

これが口癖になっています。

子供でも覚えることが出来る印象の強さで顧客を増やしています。

ビットフライヤーの特徴・メリットはたくさんありますので紹介します。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコイン取引量日本一

ビットフライヤーの最大の特徴は国内取引所の中で最もビットコインの取引量が多いことです。

それだけユーザーが多くいるということですね。

ユーザーが多いということは安心が出来る材料になりますね。

仮想通貨取引所を選ぶポイントとして、取引所が閉鎖されないかということに注目をするとよいと思います。

取り扱い通貨は7種類

  1. ビットコイン
  2. ビットコインキャッシュ
  3. イーサリアム
  4. イーサリアムクラシック
  5. ライトコイン
  6. モナコイン
  7. リスク
仮想通貨ランキング!!おすすめの通貨紹介!どうもリップル大好き推しっプルです。 これから仮想通貨を買ってみたいけどわからない! 仮想通貨を買ってみたけどま...

取引を行うときは仮想通貨についてしっかり調べて行うことを推奨しています。

各通貨ごとに通貨の特徴がまとめてあります。

各通貨をクリックすると私のブログ内のページに飛ぶようになっています。

必ず、調べてから取引を行いましょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

セキュリティ

ビットフライヤーのセキュリティーは世界で一番と評価されています。

↑この事実だけはしっかり覚えておきましょう。

ここからセキュリティ解説をしますが、難しい用語が満載です。

分からないと思う人はさらさら~っと飛ばしてください。

ネットワーク

(1)次世代暗号システム、最高強度の暗号技術の導入による通信セキュリティの確保
①SSL通信
②DigiCert(デジサート)の SSL サーバー証明書の採用
③DigiCert の SSL サーバー証明書で最高強度の EV を採用
④SHA-2(SHA-256)の採用
⑤システム内部の通信にも SSL を使用

(2)FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御

(3)WAF(ウェブ・アプリケーション・ファイアウォール)による不正アクセスの常時監視、負荷分散
①検査機能: HTTP 通信を検出パターンに基づいて検査している。
②処理機能: HTTP 通信に対する処理を実行している。
③ログ機能: WAF の動作を記録している。

(4)DNS サーバー IP Anycast の導入によるネットワークの負荷分散

ログイン

(1)パスワードの強度チェック

(2)アカウントロック機能

(3)ログイン履歴の管理

(4)携帯電話・デバイスによる 2 段階認証

(5)自動タイムアウト

ビットコイン

(1)マルチシグネチャ

(2)コードウォレットに80%以上保管

(3)自社開発のビットコインデーモン

インフラ

(1)常に最新の OS パッチが自動で適用

(2)顧客情報データベースの暗号化

(3)自己診断機能による各サーバーのヘルスチェック

プログラム

(1)XSS(クロスサイトスクリプティング)対策

(2)SQL Injection(SQL インジェクション)対策

(3)CSRF(クロスサイトリクエストフォージェリ)対策

(4)ブルートフォース攻撃、辞書攻撃(パスワードリスト攻撃)、リバースブルートフォース攻撃対策

(5)パスワードのソルト及びハッシュ化処理

(6)IP アドレス制限

(7)自己診断によるアラート自動送信

(8)暗号学論的に安全な疑似乱数生成器の使用

ウィルス・ハッキング対策

(1)ウイルスチェックとハッキングテスト

セキュリティについて公式ホームページに記載されているものを載せています。

他の取引所との違いとしては、独自に多くの対策をとっている事です。

これにより、世界から認めれたセキュリティの高さになっているのです。

仮想通貨取引を行うにあたりセキュリティの強さはとても大切なことになります。

日本で一番セキュリティが高いのはビットフライヤーと断言できるでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットコインがもらえる

ビットフライヤーにはお小遣いサイトが導入されています

買い物をするとその数%がビットコインでもらえたり、クレジットカードを作るとビットコインをもらえます。

自己資金から仮想通貨の取引を行うのが怖いと考えている方は、まずはこのシステムを使用して取引を行うとよいでしょう。

ビットコインでネットショッピング

ビットフライヤーにはネットショッピングのシステムがあります。

ビットフライヤーのウォレットにあるビットコインを使用して、ショッピングをすることが出来ます。

ビットフライヤーの凄いところは他の取引所よりも先に色々なシステムを行っていることです。

一度ネットショッピングは見てみるとよいでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

手数料が安い

売買手数料

ビットコイン売買手数料 ビットコイン簡単取引所 0.01% ~ 0.15%
Lightning 現物(BTC/JPY)
ビットコイン販売所 無料

(終了の 2 週間前に告知いたします。)

Lightning FX/Futures
アルトコイン売買手数料 Lightning 現物(ETH/BTC) 0.20%
Lightning 現物(BCH/BTC)
イーサ(イーサリアム)販売所 無料

(終了の 2 週間前に告知いたします。)

イーサ(イーサリアムクラシック)販売所
ライトコイン販売所
ビットコインキャッシュ販売所
モナコイン販売所
リスク販売所

手数料はほぼ0%となっています。

販売所での購入も手数料は掛からなくなっていますが、買うときは高く設定されています。
逆に売るときは安くなっています。

これは、ビットフライヤーの儲けということですね。

送金手数料

ビットコイン送付手数料
※ bitWire を除く
0.0004 BTC
アルトコイン送付手数料 イーサ(イーサリアム) 0.005 ETH
イーサ(イーサリアム・クラシック) 0.005 ETC
ライトコイン 0.001 LTC
ビットコインキャッシュ 0.0002 BCH
モナコイン 無料
リスク 0.1 LSK

モナコインは送金手数料が無料になっていますね。

これはビットフライヤーが負担をしています。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

損害賠償保険

ビットフライヤーでは、仮想通貨の盗難などに対して損害賠償保険に加入しています。

以下の二つについてです。
二段階認証登録ユーザー様のメールアドレス・パスワード等の盗取により行われた不正な日本円出金に係る補償

区分(不正な日本円出金が発生した時点) 補償上限金額 *1
預かり資産の合計が円換算 *2 にて 100 万円を超える二段階認証登録ユーザー 500 万円
上記以外の二段階認証登録ユーザー 10 万円

当社へのサイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に係るサイバー保険

サイバー攻撃についての補償の金額については記載されていません。

サイバー攻撃等によって発生したビットコインの盗難、消失等に対する損害賠償のほか、事故対応に必要となる各種対策費用(見舞金費用・コンサルティング費用・原因調査費用・被害拡大防止費用など)まで補償します。

記載内容はこちらです。

この内容だけでは判断はしにくいですね。

しかし保険に入っていることはかなりのプラス材料になりますね。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

ビットフライヤーのデメリット

特徴・メリットについて記載をしてきました。

メリットはありすぎるため、ここからはデメリットの話に移ります。

アルトコインの取引所がない

ビットフライヤーでは、ビットコイン以外の取引所がありません。

取引所ではユーザーとユーザーが取引を行うため、販売所よりも安い価格で購入をすることが出来ます。

アルトコインについては、販売所しかないため、割高の金額となっています。

販売所の方が取引は簡単なため、初心者にはおススメです。

取り扱い通貨が少ない

ビットフライヤーの取り扱い通貨は7種類です。

日本国内の大手取引所(コインチェック・ザイフ)と比べると取り扱い通貨が少なくなっています。

平成30年1月31日にリスクが上場したように、他の仮想通貨も上場する可能性はあるでしょう。楽しみにしましょう。

ビットフライヤーの評判

ビットフライヤーについての評判は、悪い意見が多くあります。

手数料が高いや、アルトコインの取引所が欲しいという意見も多くあります。

最も多い意見としては、サーバーが重いことです。

取引をしている最中にも固まることが多く見られます。

これは私が使用していても感じています。

チャートが固まって動かなくなったり、注文画面に到達しなかったりします。

この点についてはビットフライヤーも理解しており、パフォーマンスの改善をしているところです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

まとめ

ビットフライヤーについて解説をしました。

日本の仮想通貨取引所では、一番安心して使えそうですね。

仮想通貨の取引を行う人は、まずビットフライヤーの開設をおススメします。

その後他の取引所を使ってみるとよいでしょう。

販売所がメインのため、初心者向けの取引所となっています。

【スマホで簡単】仮想通貨取引所ランキング!おすすめ紹介! 仮想通貨はインターネット上にある取引所から購入をします。 とはいえ、取引所はどうやって選べ...

ビットフライヤーの登録方法

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

↑まずこちらをクリックしてください。

ビットフライヤーの公式ホームページに繋がります。

メールアドレスの登録をして、届いたメールにリンクがありますそこから、パスワードの設定をして、個人情報入力してください。

最後に本人確認を行って、登録は終了となります。

とても簡単に出来ます。

ではでは